シアターハウス本店は、信頼できるショップとしてGoogleに選ばれた認定ショップです。
閉じる

リビング用ホームシアタースクリーンの選び方

スクリーンをおろすと、リビングが映画館に早変わり!リビングでホームシアター

リビングシアターが大人気です。今のリビングにスクリーンを設置するだけ、場所の心配はありません。
使用しない時には収納しておくので、スクリーンがきれいに巻きとりができるモデルがオススメです。

「大画面での映画鑑賞」「スポーツ観戦」「ホームビデオ」「大迫力でのゲーム大会」など、「家でも大画面で映像をた楽しみたい」という思いは、誰しもが一度は思ったことがあることではないでしょうか?

かつては富裕層の方だけが持てる憧れの存在でしたが、近年ではホームシアターは憧れの存在から、どんな方でもに手に入れることができるリーズナブルに構築することができます。

シアターハウスでは一般的な家庭(マンション含む)でも多くのお客様が導入されております。

ホームシアターのメリット

  • 一人で見ることができる
  • 一時停止・早送りができる
  • 好きな時間に好きな映画が見れる
  • 好きな椅子で見ることができる
  • お酒やたばこが吸えてる
  • 友達を呼んでプライベートな空間でスポーツ観戦や映画を楽しめる

映画やテレビ、ゲームやYoutubeなどのストリーミング配信を大画面で楽しむ!

ホームシアターを楽しむ主な目的としてDVDを楽しむ方が多かったのですが、最近ではPS4やニンテンドースイッチなどのゲーム機を接続して大画面でゲームを楽しむ方も増えています。Youtubeやアマゾンビデオ、ネットフリックスなどのストリーミング動画サービスが充実したことによりストリーミング動画配信を大画面で楽しむことも可能です。

リビング用ホームシアタースクリーンを選ぶポイント

リビングにスクリーンを設置するため注意しなければならないのが、日常生活に違和感なくスクリーンを設置することです。

スクリーンボックスまたは垂れ壁を用意する

極力生活空間を壊さないようにするためにスクリーン本体が隠れるように工夫しましょう。天井面にスクリーンを隠すためのボックス(スクリーンボックス)や隠蔽用の垂れ壁を用意しボックス内に設置することでスクリーンを使用しないときの存在感を消すことが可能です。

スクリーン本体が見える場合はケース付きモデルを選ぶ

家の設計上、スクリーンボックスや垂れ壁を用意することが難しい場合、ケース付きモデルを選択しましょう。ケース色がアイボリーなので天井や壁が白系のクロスの場合は違和感なく設置することが可能です。

テレビの前にスクリーンが降りるように設置しよう

一番多いタイプがテレビの前にスクリーンが降りてくるように設置するパターンです。通常はテレビを楽しみ、映画やゲーム、ライブ映像などはスクリーンの大画面で楽しむという2wayの楽しみ方です。テレビの前にスクリーンが降りてくることで、視聴位置が変わらず大画面を楽しめるので違和感なくホームシアターを導入することができます。

リビング用ホームシアタースクリーンの失敗しない選び方 4STEP

STEP1 画面比率を選ぶ

ホームシアター用
16:9

ホームシアター用16:9

ビジネス用
4:3

ビジネス用16:9

ビジネス用
16:10

ビジネス用16:9
ホームシアターで使う場合は 画面:16:9(ワイド) がオススメしております。
もっと詳しく

STEP2 マスクを選ぶ

ブラックマスク

黒淵で映像が締まって
見せる効果があります。

ブラックマスク
マスクフリー

様々な画面比率の映像を
同じクオリティーで見たい。

マスクフリー
ホームシアターで使う場合は マスク:ブラックマスク をオススメしております。
もっと詳しく

STEP3 サイズを選ぶ

サイズを選ぶ
オススメスクリーンサイズの算出計算式 視聴距離(cm)÷3=推奨サイズ
上記の式でホームシアターのオススメのスクリーンサイズが算出できます。

■オススメインチサイズ 早見表

視聴距離 インチサイズ
ワイド(16:9)
画面幅(mm) 画面高(mm)
200~240cm 80インチ 1771 996
250~270cm 90インチ 1992 1121
280~300cm 100インチ 2214 1245
310~330cm 110インチ 2435 1370
340~360cm 120インチ 2657 1494
370~390cm 130インチ 2879 1619
400~420cm 140インチ 3100 1743
430~450cm 150インチ 3322 1869
もっと詳しく

STEP4 機種を選ぶ

リビングシアター人気ランキング TOP5
1
電動ケース付きスクリーン 100インチ参考価格 96,944円(税抜)
リモコンで操作する電動タイプ。白のアルミ製ケースがついているため、 リビングなどの白壁にピッタリ!! 日焼けやホコリからスクリーンを守ってくれます!!
商品詳細へ≫
2
電動ケースなしスクリーン 100インチ参考価格 84,722円(税抜)
リモコンで操作する電動タイプ。天井への新築やリフォームで 埋め込みや垂れ壁設置をする場合はこちらをおすすめします!!
商品詳細へ≫
3
手動チェーンスクリーン 100インチ参考価格 59,351円(税抜)
チェーンでスクリーンの上げ下げを行う手動式スクリーン。 電源不要なので、コンセントの心配無用です。チェーンの位置も変更可能!!
商品詳細へ≫
4
タペストリー(掛け軸)スクリーン 100インチ参考価格 33,055円(税抜)
巻き上げしない場合は、 軽量でリーズナブルなタペストリー(掛け軸)スクリーンもオススメ!!
商品詳細へ≫
5
モバイル自立スクリーン
モバイル自立型スクリーン 100インチ【参考価格】 60,185円(税抜)
床に置いて立ち上げるタイプのスクリーン。持ち運びできるので、天井や壁に穴を開けずに使用できます。
商品詳細»
PAGE TOP