シアターハウス本店は、信頼できるショップとしてGoogleに選ばれた認定ショップです。
閉じる
HOME > スクリーンの基礎知識 > プロジェクタースクリーンの選び方 > リビング用ホームシアタースクリーンの選び方

リビング用ホームシアタースクリーンの選び方

スクリーンをおろすと、リビングが映画館に早変わり!リビングでホームシアター

リビングシアターが大人気です。今のリビングにスクリーンを設置するだけ、場所の心配はありません。
使用しない時には収納しておくので、スクリーンがきれいに巻きとりができるモデルがオススメです。

「大画面での映画鑑賞」「スポーツ観戦」「ホームビデオ」「大迫力でのゲーム大会」など、「家でも大画面で映像をた楽しみたい」という思いは、誰しもが一度は思ったことがあることではないでしょうか?

かつては富裕層の方だけが持てる憧れの存在でしたが、近年ではホームシアターは憧れの存在から、どんな方でもに手に入れることができるリーズナブルに構築することができます。

シアターハウスでは一般的な家庭(マンション含む)でも多くのお客様が導入されております。

ホームシアターのメリット

  • 一人で見ることができる
  • 一時停止・早送りができる
  • 好きな時間に好きな映画が見れる
  • 好きな椅子で見ることができる
  • お酒やたばこが吸えてる
  • 友達を呼んでプライベートな空間でスポーツ観戦や映画を楽しめる

リビング用ホームシアタースクリーンの失敗しない選び方

ホームシアターの画面比率は
【16:9】
16:9や4:3

DVDや地上デジタル放送などのコンテンツは16:9がほとんどです。コンテンツにあったスクリーンを選ぶためにもスクリーン画面比率は【16:9】を選択しましょう。

画面比率について

ホームシアターのマスクは
【ブラックマスク】
ブラックマスク有り無しの違い

黒フチがある事で、映像が締まり映画とは相性がバツグンによいことから、家庭で映画やDVDを楽しむホームシアターでは8割程度の方がブラックマスクスクリーンを選択されています。

ブラックマスク有り無し

ホームシアタースクリーンの選び方は手順にそって選んでいくことでおすすめのスクリーンを見つけることができます。

スクリーンサイズを決める

サイズを選ぶ
オススメスクリーンサイズの算出計算式 視聴距離(cm)÷3=推奨サイズ
※視聴距離とはスクリーンから視聴位置までの距離です。

シアターハウスでは上記の計算式でホームシアターでのオススメのスクリーンサイズをご提案しています。例えばスクリーンから視聴位置までの距離(視聴距離)が300cmだった場合、オススメスクリーンサイズは100インチとなります。

オススメスクリーンサイズ 早見表

視聴距離 インチサイズ
ワイド(16:9)

映像幅(W)

 

映像高(H)

 

200~240cm 80インチ 177cm 99cm
250~270cm 90インチ 199cm 112cm
280~300cm 100インチ 221cm 124cm
310~330cm 110インチ 243cm 137cm
340~360cm 120インチ 265cm 150cm
370~390cm 130インチ 287cm 160cm
400~420cm 140インチ 310cm 174cm
430~450cm 150インチ 332cm 186cm

注意プロジェクターの設置位置が限られている方はご注意ください。

プロジェクターには投射距離というものがあり距離によって投射できるサイズが決まっています。プロジェクターの設置位置が限られている場合は予め投射距離を確認しておきましょう。

プロジェクターを天吊りにすれば、部屋の中なら投射距離を調整できますし、部屋もスッキリするのでオススメです。プロジェクター汎用天吊り金具はこちら≫

リビングシアター人気ランキング

1
電動ケース付きスクリーン
白のアルミ製のケースがついているため、 白壁にピッタリ!! 日焼けやホコリからスクリーンを守ってくれます!!
商品詳細へ≫
2
電動ケースなしスクリーン
天井への新築やリフォームで 埋め込みや垂れ壁設置をする場合はこちらをおすすめします!!
商品詳細へ≫
3
手動チェーンスクリーン
電源不要なので、コンセントの心配無用です。チェーンの位置も変更可能!!
商品詳細へ≫

スクリーン機種から選ぶ

  電動スクリーン
電動タイプ
  手動スクリーン
手動タイプ
  タペストリー(掛け軸)スクリーン
タペストリータイプ
  モバイルスクリーン
モバイルタイプ

スクリーンサイズから選ぶ

ホームシアター向けスクリーン設置事例

PAGE TOP

お問い合わせ