超短焦点、短焦点プロジェクター対応スクリーン一覧

展示会場などの限られたスペースで大きい画面サイズを投影したいというニーズの増加により、学校の教室用や会社の打ち合わせ、展示会での用途などに短焦点プロジェクターを選ぶ方が増えています。
短焦点プロジェクターを購入する際に一番気をつけなければいけないのが、スクリーンです。短焦点プロジェクターを選ぶ際には対応したスクリーンを選ぶことが重要です。

短焦点プロジェクターとは

短焦点プロジェクターは一般的なプロジェクターに比べて短い投影距離で大きい画面サイズを投影することが可能なプロジェクターです。
通常100インチの画面を投影する場合、スクリーンとプロジェクターの投影距離は3m程度必要です。

短焦点、超短焦点プロジェクターの場合、同じ100インチでも投影距離は一般的なプロジェクターの約半分の1.5m程度で投影可能です。

メリット

短焦点プロジェクターのメリット

短焦点プロジェクターの一番のメリットは短い距離で大きい画面を投影することができるので、限られたスペースのなかで大きい画面を投影することが可能になります。
就職説明会や東京ビックサイトなどの展示会場では限られたスペースでプロジェクターの映像を投影する必要があります。限られた設置スペースの中でも映像を大きく投影することが可能です。

また、プロジェクターとスクリーン面まので距離が短くなるので説明者に光があたりにくく、影が映りにくいというメリットもあります。

デメリット

逆にデメリットとして短焦点、超短焦点プロジェクターで一般的なスクリーンに投影すると映像が歪んで見えてしまいます。エクセルの表や映像なども歪んで表示されてしまいせっかくのプレゼンテーションも映像が歪んで表示
されてしまっては台無しです。

一般的なスクリーンで映像が歪んで見える原因

短焦点プロジェクターの場合映像が歪んで見えてしまう原因はプロジェクター光の角度が原因です。

通常プロジェクターの光の角度

スクリーン生地表面には微細なたるみやヨレがあります。一般的なプロジェクターで投影する際にはスクリーン面に対して正面にちかい角度で投影するため表面の凹凸が映像に現れにくく、ほとんどの場合問題ありません。

短焦点プロジェクターの光の角度

しかし、短焦点プロジェクターの場合、スクリーンの近くから映像を投影する設置方法となり、映像を鋭角に投影します。すると、スクリーン表面の微細なたるみやヨレが映像に出やすくなってしまいます。

短焦点プロジェクターを発売しているプロジェクターメーカーによっては平面な壁や張り込みタイプのスクリーンを推奨している場合もあるぐらいです。

短焦点、超短焦点プロジェクター対応スクリーンがオススメ

映像の歪みを防ぐためには短焦点、超短焦点プロジェクターに対応したスクリーンを選ぶ必要があります。一般的なスクリーンに比べ、表面の凹凸を極力へらす工夫がされています。

超短焦点・短焦点プロジェクター対応スクリーン一覧

モバイルスクリーン

 

自立組み立てモバイル

モバイル組み立てスクリーン 組み立て式の大型スクリーン。イベントなどに最適です。

マグネットスクリーン

 

貼り型

マグネットスクリーン シート 黒板やホワイトボードに張ることができるシートタイプ。

 

貼り型

モバイルマグネットスクリーン 黒板やホワイトボードに張ることができます。