HOME > シアターハウスブログ > スクリーン > キャンプの新定番!? 大画面のプロジェクタースクリーンでアウトドアシアターやゲームを楽しもう!!

キャンプの新定番!? 大画面のプロジェクタースクリーンでアウトドアシアターやゲームを楽しもう!!

カテゴリー: スクリーンプロジェクター

アウトドアシアターやゲームをプロジェクタースクリーンでもっと快適に!!
モバイルプロジェクターや大画面プロジェクタースクリーンがあればキャンプ中級者や家族キャンプのアクセントとしても楽しめる上、BBQ後の団らんや歓談時に最適です!
アウトドアシアターや大画面プロジェクタースクリーンって面白そうだけど準備や設置の仕方がわからない…キャンプに荷物が増えるのはイヤだ…そのように考えている方々や、初心者の方々に向けてこの記事ではアウトドアシアターやゲームのやり方からプロジェクター機種のおすすめなどを紹介していきます。

目次

キャンプやBBQをもっと楽しめるアウトドアシアター&ゲーム

キャンプやアウトドアイベントが大好きな皆さん!アウトドアシアターや大画面スクリーンを使ったゲームでもっとキャンプを満喫してみませんか?「夜空の下で映画を満喫したい」「キャンプをしながら友人達とゲームをしたい」「BBQ中に飽きてしまった子供達を楽しませたい」など、キャンプの新しいアクセントにモバイルプロジェクターと大画面スクリーンがあればさらにキャンプが盛り上がります!

アウトドアシアター

アウトドアシアター&ゲームに必要なもの

ますはアウトドアシアター&ゲームに必要な準備物を紹介します。必要最低限なものは3つ!アウトドアシアター&ゲームは意外と!?手軽に設置出来ます。

必要なもの

モバイルプロジェクター

まずはモバイルプロジェクターです。モバイルプロジェクターとはスマホやゲーム機から映像を映し出す機器です。小さいプロジェクターが野外での可能性を急拡大させており、アウトドアシアターに人気です!Android搭載やスピーカーや大容量バッテリーが内蔵されている機種が多い点も魅力の1つです。三脚で簡単に固定でき、野外だけでなく自宅でも省スペースで使用できます。明るさ(ルーメン)、解像度・投影距離・重さ大きさ、オプション機能を確認しながら機種を選定しましょう。

プロジェクタースクリーン

続いてはプロジェクタースクリーンです。シアタールームや会議室で使用している一般席なスクリーンは折りたたみが出来ず、スクリーンの取り扱いにも折りたたみ厳禁な商品が多いです。しかしキャンプやBBQ時に使用可能なスクリーンでは、折りたたみが可能で生地端にハトメがついたアウトドアシアターで使用できる専門商品も発売しています。
参考:シアターハウス製 折りたたみスクリーン
折りたたみが出来ることで、手軽で持ち運びもラクラクです。1つのスクリーンを固定するために最低限必要なものがポール2本、ペグ2個です。

モバイルバッテリー

アウトドアシアターをするために一番気になる、電源はどうするの?という疑問ですが、今回はモバイルバッテリーを使用します。モバイルバッテリーとは、スマホやタブレットを充電するための電子機器です。大きい機種ではACアダプターやUSB、カーチャージャーポートが付いているものも販売されています。

ブルーレイorDVD再生機器

プロジェクター本体にAndroid機能が無い場合や周辺にwifi環境が無い場合などに、映画や映像を楽しむためにBR(ブルーレイ)やDVDプレーヤーを準備する場合もあります。この際、プロジェクター本体と接続するためにHDMIケーブルは必須となります。

ゲーム機本体(swicthやPSVitaなど)

大画面でゲームを楽しむ際には、プロジェクター本体とゲーム機本体をHDMIケーブルにて接続します。

アウトドアシアター&ゲーム設置方法

アウトドアシアターやゲームを楽しむ為に具体的な設置方法を紹介します。

スクリーンの設置

設置のために準備するものとしてスクリーン1枚に対して、

  • ポール2本(スクリーンの左右固定用)
  • ロープ6本(ポール用、スクリーン用)
  • ペグ6本(ポール用、スクリーン用)

が必要です。

はじめにモバイルプロジェクターの映像を写すスクリーンを広げます。太陽の向きや障害物などを考慮してスクリーンを固定しましょう。最初にポールを1本立て、ペグを付けたロープ2本で固定します。その後スクリーンを広げて、ハトメにロープを通して固定したポールと反対の位置にもう1本ポールを立てて完成になります。スクリーンのたるみが映像の歪みになりますので、なるべくスクリーンはピンと張った状態にしましょう。

生地たわみ

参考ですが、人気の100インチスクリーンを使用する場合、横幅約2.3m×高さ約2mほど必要になります。シアターハウス製折りたたみスクリーンはハトメも標準で付いていますので設置が簡単です。

スクリーンハトメ

今回使用したスクリーンの紹介

今回使用したスクリーンは、シアタースクリーン製折りたたみスクリーン(16:9)ワイド 80インチ(FPS1771WAM)です。

シアタースクリーン製折りたたみスクリーン

軽量でコンパクトな「折りたたみタイプ」なので子供でも持ち運び出来ます。広げるスペースがあれば屋外でも屋内でも使用できます。収納用トートバック(黒)付きです。スクリーン生地にはシワ防止&耐衝撃性の高いポリエステルを採用しています。耐久性が高く、遮光性能1級相当の遮光性能があり、プロジェクターの光が裏写りしません。投射されたプロジェクター光を全方向へ均等に拡散するので、どの視聴位置からも自然で鮮明な映像を楽しめます。(視野角が広い)

壁や天井につるすだけでなく、室内や屋外の空間など自由自在な設置が可能です。スクリーンのハトメ部分にS字フックなどで引っ掛けたりロープなどで引っ張って吊るして取リ付けます。※本製品には設置に必要なロープや紐などは付属しておりません。
汚れたら洗濯でき、シワが目立つ場合はアイロンも可能です。

プロジェクターの位置確認

プロジェクターの投影位置を確認して設置します。スクリーンからプロジェクターまでの投射距離は各種プロジェクターの参考投射距離を基準に、投影しながらプロジェクターを動かして映像が見えやすい距離を選びます。重要ポイントはプロジェクターを置くテーブルや台の高さです。キャンプで使うテーブルでもいいですが、上下の高さや角度を調整する必要があります。写真の『Anker Nebula Capsule Pro』のようにカメラの三脚にセットできるプロジェクターなら三脚を使うと便利です。三脚をスカってテーブルの下や座席の間などに設置すると目立たなくてスッキリします。

ゲーム機本体(swicthやPSVitaなど)を接続する場合

Nintendo Switchのようにゲーム機によっては、ゲーム機ドック本体を接続しACアダプターを接続しなければならない場合もあります。詳しくは各ゲーム機ホームページをご確認下さい。

参考:Nintendo Switchプレイモード接続方法ページ

オススメプロジェクター5選

アウトドアスクリーンやゲームに必須なアイテムがプロジェクターです。キャンプやBBQなど野外にとどまらず、ホームシアターでも使えるので1台あればお家時間が充実します。プロジェクターにも様々な種類がありますが、キャンプとなると重量やバッテリーも重要になります。せっかくのイベントだから高画質や音質にもこだわりたい方もいらっしゃると思います。ここでは、プロジェクター選びの基準として覚えておきたいポイントとアウトドアシアターやゲームにオススメのプロジェクターをご紹介していきます!

ポイントその1

【モバイルプロジェクターの明るさ】
映像を映したときの明るさは「lm(ルーメン)」という単位で表し、数値が低いと暗く、高いと明るくなります。モバイルプロジェクターの場合は100ルーメンから500ルーメンであれば、暗い場所なら綺麗に映る明るさです。夜のキャンプでの映画鑑賞なら、明るさ「150~500ルーメン」程度のものを選ぶとしっかりと投影できます。1000ルーメン程度になると、明るい部屋でも投影できる強さになります。

ポイントその2

【モバイルプロジェクターの大きさや重さ】
キャンプやアウトドアシーンでは荷物の量は抑えたい…そんな要望にマッチした小型で軽量なモバイルプロジェクターを選びたいですね。前もってサイズを確認してからの購入をおすすめします。

ポイントその3

【バッテリー】
バッテリー容量によって、投影時間も変わってきます。少し容量に余裕があるものを選ぶか、安価で容量が少ないものを選んで充電しながら使用するかなど、しっかり確認しておきましょう。基準としては4,000mAh以上になると、2時間連続で稼動できるものもあり安心。

ポイントその4

【解像度】
解像度もアウトドアシアターを楽しむ際の満足度に大きく関わってきます。画素の密度を表す数値が解像度と呼ばれ、数字が大きいほど解像度が上がり、高画質で綺麗な映像が観られます。フルハイビジョンは1920×1080画素になります。

プロジェクター5選の選定理由

今回選んだプロジェクターは、アウトドアシアターやゲームを楽しむ上で下記5点を優先にしました。

【優先度】

  1. 持ち運びしやすいコンパクトであること
  2. 映像がきれいに見えるように解像度が高いもの
  3. なるべく大画面で見れるもの(人気が高い100インチが見れるもの)
  4. 比較的バッテリー容量が大きく(映画1本見れる)、スピーカー内蔵であるもの
  5. スマホ接続可能であること

今回使用したプロジェクターの紹介

今回使用したプロジェクターは、「Anker Nebula Capsule Pro」です。

nuburapro

  • サイズ:W68mm×H120mm
  • 重さ:470g
  • 輝度(明るさ):150ANSIルーメン
  • 解像度:854×480画素
  • アスペクト比:16:9
  • 接続方法:HDMI、Micro USB
  • 使用時間:約4時間 (ローカルコンテンツ再生時、Wi-Fi利用時は3時間)
  • 画面サイズ:(最小)40型〜(最大)100型
  • 投写距離:1.15m〜3.08m
  • 容量 5200mAh(3.85V)
  • 充電時間 約2.5時間(電池残量、充電状況により変動)
  • オプション性能:Android 7.1搭載、360度スピーカー、Bluetooth、ミラーリング機能

デザイン性に富んでいてどんなキャンプスタイルでも邪魔をしません。サイズは350ml缶と同じぐらい。このサイズながら100インチサイズの投影が可能です。内蔵バッテリーで4時間稼働し、音楽だけなら30時間の再生が可能です。内蔵スピーカーは360°全方向から楽しめる仕様でスマートフォンとの互換性もありAndroid 7.1が元から搭載されている為端末がなくてもYoutubeなどを楽しむことが可能!とコンパクトなのに機能満載でパワフルなモバイルプロジェクターです。

オススメプロジェクター① Nebula Capsule II

Nebula Capsule II

  • サイズ:W80mm×H150mm
  • 重さ:740g
  • 輝度(明るさ):200ANSIルーメン
  • 解像度:1280 x 720画素
  • アスペクト比:16:9
  • 接続方法:HDMI、USB-A、USB-C
  • 使用時間:約3時間 (ローカルコンテンツ再生時、Wi-Fi利用時は約2.5時間)
  • 画面サイズ:(最小)40型〜(最大)100型
  • 投写距離:1.15m〜3.08m
  • 容量 9,700mAh(3.7V)
  • 充電時間 約2.5時間(電池残量、充電状況により変動)
  • オプション性能:Android 9.0搭載、360度スピーカー、Chromecast、AUX

高さ約150mm、直径約80mmというコンパクト仕様。Android TVを搭載。1秒オートフォーカス付き。HDMIやUSBはもちろん、Wi-Fi、Bluetooth、Chromecastでのワイヤレス接続可能、NetflixやYouTubeなどにも対応しています。

オススメプロジェクター② XGIMI Halo

  • サイズ:W94.5mm×D105.5mm×H146mm
  • 重さ:約900g
  • 輝度(明るさ):800ANSIルーメン
  • 解像度:1920 x 1080画素
  • アスペクト比:16:9
  • 接続方法:HDMI、USB-A、USB-C
  • 使用時間:約4時間 (省エネ時)
  • 画面サイズ:(最小)30型〜(最大)300型
  • 投写距離:76インチ時2m
  • 容量 17,100mAh(4.2V)
  • 充電時間 約1時間
  • オプション性能:4点キーストーン補正、Android 9.0搭載、Bluetoothスピーカー、Chromecast

1920×1080のフルHD解像度と600~800ANSI lmの明るさ。垂直と水平で±40度まで対応する「4点キーストーン補正」で映像の焦点を素早く自動補正します。17,100mAh/4.2Vの大容量バッテリーを内蔵しています。

オススメプロジェクター③ LG CineBeam PH30N

  • サイズ:W129mm×D129mm×H39mm
  • 重さ:513g
  • 輝度(明るさ):250ANSIルーメン
  • 解像度:1280 x 720画素
  • アスペクト比:16:9
  • 接続方法:HDMI、USB
  • 使用時間:約2時間
  • 画面サイズ:(最小)25型〜(最大)100型
  • 投写距離:1.4m〜3.3m
  • オプション性能:Bluetoothスピーカー、wifi

最長2時間のバッテリーを内蔵。モバイルデバイスとBluetooth接続すれば、ケーブル不要の完全ワイヤレス表示が可能です。パソコンや映像機器がなくても、USBメモリーに保存した動画や写真、音楽を手軽に再生が出来ます。

オススメプロジェクター④ ASUS ZenBeam S2

  • サイズ:W120mm×D35mm×H120mm
  • 重さ:497g
  • 輝度(明るさ):500ANSIルーメン
  • 解像度:1280 x 720画素
  • アスペクト比:16:9
  • 接続方法:HDMI、USB-C
  • 使用時間:約3.5時間 (省エネ時)
  • 画面サイズ:(最小)40型〜(最大)120型
  • 投写距離:1m~2.5m
  • 容量 6000mAh
  • 充電時間 約1時間
  • オプション性能:スピーカー

軽量497gで手のひらサイズ。わずか1mの距離で40型、3mの距離で120型の大画面投影が可能です。6000mAhのバッテリーを内蔵し、1回の充電で最大3.5時間(ECOモード)の連続駆動が可能です。

オススメプロジェクター⑤ Anker Nebula Astro

  • サイズ:W91.2mm×H82mm×D89.2mm
  • 重さ:380g
  • 輝度(明るさ):100ANSIルーメン
  • 解像度:854×480画素
  • アスペクト比:16:9
  • 接続方法:HDMI、USB-C
  • 使用時間:約2.5時間 (バッテリーモード時)
  • 画面サイズ:(最小)30型〜(最大)100型
  • 投写距離:0.87m~3.08m
  • 容量 3250mAh(3.63V)
  • オプション性能:Wifi、Bluetoothスピーカー、オート台形補正

モバイルバッテリーでも動作可能な機種。Android 7.1を搭載した超小型モバイルプロジェクターです。プロジェクターの光源に一定の距離近づくと投影を一時的に停止するアイガード機能搭載。パスワード設定により使用できるアプリと使用可能時間を制限できるペアレンタルコントロール機能がついているためお子様にも安心かつ自由度高く楽しめます。

モバイルバッテリーに接続

モバイルプロジェクターは内蔵バッテリーを搭載しているものが多くあります。撮影時に使用したCapsule Proも内蔵バッテリーが付いていますが、今回はACアダプターを使用してモバイルバッテリーから電源を取ります。モバイルバッテリー本体出力部分にプロジェクターやゲーム機のACアダプター接続します。

今回使用したモバイルバッテリーの紹介

今回使用したモバイルバッテリーは、「MaxPower ポータブル電源 PL1000J」です。

  • サイズ:200mm(L)x 294mm(W)x 146mm(H)
  • 重さ:9.9kg
  • 電池容量:270 ,000mAh /1,000Wh
  • 充電入力:ACアダプター(50Hz/60Hz兼用 DC充電入力ポートサイズ:5.5*2.1mm):17~25V,カーチャージャーポート電圧入力範囲13~25V
  • 対応ソーラーパネル(www.amazon.co.jp/dp/B082V2HW4F):最大入力電流5.5A(最大入力定格100W)/入力電圧範囲18V~25VACアダプター充電器と車充電器による充電だけではなく、ソーラーチャージャー(別売り)にも対応できます。フル充電後、自動電源OFFします。 このポータブル電源は超大容量でありながら、ファンレス仕様になっているので、ファンの音が全くしません、車内泊や書斎で使われる時に最適です。

    アウトドアシアター&ゲームの注意点

    アウトドアシアターやゲームを楽しむ際の注意点や確認点をまとめました。

    キャンプ場のルールを厳守

    光や音量など周りの人に迷惑をかけない配慮を心がけましょう。
    キャンプ場では「キャンプ場がスピーカー使用出来るのか」を必ず確認しましょう。キャンプ場によってはスピーカーによる音出しを禁止しているところもあります。また、夕方から夜がアウトドアシアターを楽しむピークですが、夜遅くまで没頭してしまい、他の利用者に迷惑をかけることもないように注意しましょう。キャンプやバーベキューなど屋外でアウトドアシアターやゲームを楽しむ際は周りの環境や状況、時間帯に注意を払って行いましょう。

    モバイルプロジェクターの明るさ

    投影距離や明るさを確認しましょう。あらかじめ設置しておいたスクリーンにモバイルプロジェクターを投影して、視聴しやすい明るさやピントを合わせましょう。機種によって自動補正機能が付いているものもあり、画面の傾きなどを補正してくれます。

    ネット環境

    スマホに保存した動画や画像・動画をプロジェクターに投影する場合や、Android搭載のプロジェクターをwifi経由で映像を楽しむ場合は、事前に周辺施設の電波状況を確認しておきましょう。設置準備も整い、いざスイッチを入れたけれど電波が無い…ということは避けたいですね。

    モバイルバッテリー電源の容量をしっかり確認

    ネット環境と同じですが、スイッチを入れたが充電が無い…ということは避けましょう。機種によってはフル充電に時間がかかるものもありますので、事前の充電はしっかりと行っておきましょう。

    こだわるならとことん!プロジェクタースクリーンで高画質シアター&ゲーム

    プロジェクター専用スクリーンを使えば屋外でも高画質で映像を投影することが可能です。プロジェクター専用スクリーンでフルハイビジョンや4K画質で非日常を味わいましょう!綺麗で迫力のある画面は気分を盛り上げてくれます。
    夜空にアウトドアシアターやゲーム

    シアターハウス製スクリーンのこだわり

    プロジェクタースクリーンメーカーの「シアターハウス」では日本製の高品質なプロジェクタースクリーンを販売しています。製品は10年保証つき(一部対象商品は外)で安心してお使いいただけます。メールやLINE、お電話等でもスクリーンサイズや機種の選び方、設置についてのご質問など無料でお応えしておりますのでお気軽にご相談ください。

    結論!キャンプの団らんにはプロジェクター専用スクリーンを広げて、
    アウトドアシアターやゲームで楽しみ方倍増!!

    夜空にアウトドアシアターやゲーム

    満点の星空の中や、緑が美しい森など開放的な場所でアウトドアシアターや大画面スクリーンでのゲーム体験がより一層キャンプやBBQを充実させてくれます。せっかく大画面で楽しむならアウトドア専用のプロジェクタースクリーンが最適です!

    キャンプやアウトドアシアターにおすすめのスクリーン

    キャンプやアウトドアシアター&ゲームにおすすめのスクリーンを紹介します。

    折りたたみスクリーン

    屋内でも屋内でも使える。軽量で持ち運び可能、汚れたら洗える折りたたみスクリーン。フルハイビジョン、4K対応。短焦点プロジェクターにも使えるタイプ。

お問い合わせ