HOME > よくある質問 > 視聴面外巻きのデメリットはありますか?

視聴面外巻きのデメリットはありますか?

カテゴリー: スクリーンについて

特にありませんがしいて言うならば、ホコリや傷が映写表面につきやすくなります。

視聴面外巻き仕様に変更することでスクリーン巻き上げ時には外側に映写面が来るようになりますので映写面の生地部にホコリがつきやすくなります。(ケース付き電動スクリーンは除く)
また通常生地巻き方向と逆となり、商品発送までお時間を頂いていいます。
商品納期納期についてはお電話、メールなどにてご確認ください。
視聴面外巻き
製品取り付け時には左右逆に取り付ける形となりモーター、電源コード、受光部が左右逆(視聴面に向かって左側)となります。
コンセント位置などご注意ください。

お問い合わせ