シアターハウス > シアターハウスブログ > プロジェクター > XGIMI Halo+は天吊り金具スパイダー2で天吊設置ができません

XGIMI Halo+は天吊り金具スパイダー2で天吊設置ができません

カテゴリー: プロジェクター

「XGIMI」ポータブルプロジェクターHalo+は900ANSIルーメンの明るさと鮮やかな1080pフルHD映像に加えて、2時間駆動の内臓バッテリー、自動画面調整機能、Harman/Kardon社の5Wのスピーカーを兼ね備えたプロジェクターです。ご自宅でもキャンプなどの屋外でも、どこでも最高の映像体験を手軽に楽しめます。
映画館でも活用されているDLPシネマグレード技術やフレーム補完技術「MEMC」、そしてHDR10技術によって、高コントラストでの映像再現やプレや残像を防止でき、スポーツやゲームなど激しい動きを投影する際も、シャープでクリアな映像が維持できます。
さらに、Android TV として、多彩なアプリを活用したり、話題の動画をチェックすることもできます。Google Assistantにも対応しており、すぐに音声アシスタントにアクセスが可能です。

XGIMI Halo+の裏面のネジ穴を確認する

halo-2まずは、モバイルプロジェクターXGIMI Halo+に天吊設置用のネジ穴があるか確認していきます。

halo-3モバイルプロジェクターXGIMI Halo+を裏返します。

halo-4XGIMI Halo+には、モバイルプロジェクターという商品特性もあり、三脚用のネジ穴が1箇所のみしか空いていませんでした。
一般的なプロジェクターには、下記のように天吊設置用のネジ穴が空いています。

一般的な本体裏面天吊金具スパイダー2を使用して天井設置するには、プロジェクター本体の裏面に天吊設置用のネジ穴が空いている必要があります。

天吊金具スパイダー2の固定方法

取り付け天吊金具スパイダーシリーズは、天吊用のネジ穴やプロジェクターの底にある高さ調整用の足部分のネジ穴を利用し、3箇所または4箇所をアームに固定して取り付けを行います。三脚用ネジ穴1箇所の固定ですと充分な安全性を保つことができないため、おすすめしておりません。
モバイルプロジェクターモバイルプロジェクターは、その名のとおり簡単に持ち運びできるという利点のために、天井に固定して使用することを想定しておらず天吊設置のためのネジ穴が空いていないことがあります。モバイルプロジェクターで天吊設置をご希望の場合は、あらかじめ製品仕様を確認する必要があります。

スパイダーシリーズが取付けできない機種について

取り付けができない非対応の機種のほとんどは、純正品金具すらない机置き専用のプロジェクターです。そして残りは業務用の大型プロジェクターとなっております。スパイダーシリーズは通常のプロジェクターであれば、ほぼ間違いなく取付け可能です。こちらの適合比較表から、お手持ちのプロジェクターが、天吊金具スパイダーシリーズと適合するか確認ができます!
適合比較表

天吊り設置におすすめの天吊り金具スパイダーシリーズ

XGIMIポータブルプロジェクターHalo+には取り付けできませんでしたが、天吊り設置におすすめの天吊り金具を紹介します。

プロジェクター天吊り金具スパイダー2

スパイダー2汎用性が高く、メーカー問わずほとんどの機種の取り付けに対応しています。プロジェクター本体を買い替えた後でもそのまま使用することができます。メーカー純正天吊り金具に比べ価格は半額以下で製品保証は10年です。付属シャフトの組み換えで3種類の取り付け高さ及び壁付け設置にも対応しています。

プロジェクター天吊り金具スパイダー3

スパイダー3天吊り金具スパイダー2の機能はそのままに、より大きく重量の重い15kg以上のプロジェクターにも対応可能な天吊り金具です。吊りボルトに対応することで耐荷重を25kgまでアップしています。スパイダー2同様に様々な場所に設置可能なフレキシブル設計になっています。

お問い合わせ