賃貸でも大丈夫!天井や壁に穴を開けずに設置できるスクリーンとやり方

賃貸マンションやアパートでスクリーンを利用したホームシアターを導入したいと検討する際に高いハードルとなるのが、天井や壁に穴を開けられない(開けたくない)点ですよね。
一般的な吊り下げスクリーンの場合、天井または壁面にねじで固定するタイプが多く、賃貸住宅の場合は簡単に設置することができません。

天井や壁に傷をつけずにスクリーンを設置したい!今回はそんな方に壁に傷をつけずにスクリーンを設置する方法をご紹介します。

賃貸住宅で天井や壁に傷をつけずにスクリーン設置する3つの方法

賃貸住宅で天井や壁に傷をつけずにスクリーンを設置する方法は以下の3つの方法がオススメです。

  • 持ち運び可能なスクリーン機種を選ぶ
  • シアターハウス純正突っ張りポールを使って設置する
  • ディアウォールを使って設置する

持ち運び可能なスクリーン機種を選ぶ

一番カンタンな方法として持ち運びできるタイプのスクリーンがオススメです。スクリーン本体を床に置き立ち上げるだけで簡単に設置が可能です。

シアターハウスのスクリーンは軽量で持ち運びもカンタン。使用するときだけ出して終わったら収納し片付けておくということも可能です。

モバイルタイプスクリーン商品一覧へ

シアターハウス純正突っ張りポールを使って設置する

シアターハウスの吊り下げタイプのスクリーンに対応しているスクリーン設置用の突っ張りポールです。天井と床にポールで突っ張りスクリーンを設置します。

スクリーン設置用突っ張りポールクイックポール商品一覧へ

ディアウォールを使って設置する

ディアウォールでスクリーン設置

DIYが好きな方、得意な方にはディアウォールをつかってスクリーンを設置するのもおすすめです。

ホームセンターで販売している2×4(ツーバイフォー)材の上下にディアウィールを被せ、天井と床でつっぱらせることが可能です。

2×4材にスクリーン取り付け金具を固定しスクリーンを設置すれば完成です。

参考:天井や壁に穴を開けずにディアウォールを使ってスクリーンを設置する方法