シアターハウス > シアターハウスブログ > スクリーン > プロジェクタースクリーンのおすすめ5選!シーンに合った種類のスクリーンを選ぶ方法

プロジェクタースクリーンのおすすめ5選!シーンに合った種類のスクリーンを選ぶ方法

ホームシアターから会議のプレゼン用まで、プロジェクターからの映像を大画面に投影するプロジェクタースクリーン。
大画面でゲームや動画配信を観たり、キャンプやアウトドアで映画を楽しむなど利用場所やシーンなど環境によって最適なスクリーンも変わってきます。さらにプロジェクタースクリーンは、自動で巻き上げる電動モデルや、壁掛けで使用する手軽モデルなどラインナップも豊富です。
今回は、プロジェクタースクリーンの選び方やおすすめの商品をタイプに分けて紹介していきます。

目次

プロジェクタースクリーンの選び方

スクリーンサイズを選ぶ

スクリーンサイズを選ぶ
プロジェクタースクリーンには、テレビを購入するときのようにサイズを選ぶ必要があります。
大きすぎるサイズを購入したため、視線の動きが大きくなり目が疲れてしまう場合や、反対に小さすぎて迫力が無い映像になる場合もあります。
さらに、プロジェクタースクリーンは、ホームシアターとビジネス用途によってスクリーンサイズの決め方が異なります。
ホームシアター用途の場合、家庭用で重要視されるのは映像の綺麗さと迫力のある大画面です。家族単位の少人数で視聴する場所から高画質を楽しむための最適なサイズをおすすめしています。
ビジネス用途の場合、重要視されるのは大人数で映像を視聴しても確実に認識できることです。大人数で映像を視聴した場合にも各々が認識できることが一番重要になります。

ホームシアター用途のスクリーン画面サイズの決め方

ホームシアター視聴距離
家庭用のホームシアターの場合には、目線からスクリーンまでの距離(視聴距離)を測ります。距離がわかると推奨サイズが算出できます。ホームシアターの場合、アスペクト比は16:9になります。

ホームシアターおすすめインチサイズ
おすすめスクリーン推奨サイズの算出計算式は、「視聴距離(cm)÷3」=推奨サイズになります。
おすすめインチサイズ早見表からサイズを確認することもできます。

映画館の前列が好み(大きめの画面が好み)の場合は、「視聴距離(cm)÷2.5」で計算すると大きめの画面のサイズになります。
注意:プロジェクターの設置位置が限られている場合は予めプロジェクターの投射距離を確認しておきましょう。

ビジネス用途のスクリーン画面サイズの決め方

ビジネス用途おすすめインチサイズ
スクリーン設置予定の上部からの床までの高さを計測すると設置できるスクリーンの最大サイズがわかります。
推奨視聴距離も考慮して、最適なサイズを選択してください。
天井高さの目安として事務所は240cm~270cm、教室などは300cm前後が多いようです。

設置できる最大のスクリーンサイズは、最大映写可能画面高さ=「スクリーンの上部から床までの高さ」-「視聴者の頭から床までの高さ」になります。
上記で算出された値が、スクリーンの高さに近いものが最大のインチサイズになります。
ビジネスや学校で利用する場合、アスペクト比はWXGA(16:10)やスタンダード(4:3)を参考にしてください。

次に、ビジネス用の推奨視聴距離は、「最短がインチサイズ×20倍、最長がインチサイズ×100倍」で算出できます。
上記の最大スクリーンサイズと推奨視聴距離を考慮してインチサイズを決定してください。
注意:プロジェクターの設置位置が限られている場合は予めプロジェクターの投射距離を確認しておきましょう。設置場所までの搬入経路も確認し、スクリーンが納入できるかも事前に確認が必要です。

プロジェクタースクリーン画面サイズの決め方について下記ページで詳しく説明しています。
【プロジェクタースクリーン画面サイズの決め方】

スクリーンの画面比率(アスペクト比)を確認する

画面比率
画面比率(アスペクト比)は、映像(映画、テレビ、動画)における縦横比のことです。ワイド(16:9)とスタンダード(4:3)の2つを基本と考えることが多いです。
プロジェクター・スクリーンはテレビと同じく、大きさをインチで表現されます。インチとは対角線の長さを指し、1インチは25.4ミリメートルです。100インチとは対角線が2510mmサイズのことを表します。
インチサイズとは対角線の長さを指しますので、画面の比率が変わると全体の縦、横サイズが変わります。
画面比率として16:9(ワイド)、16:10(WXGA)、4:3(スタンダード)、2.35:1(シネスコ)の4種類が代表的です。
16:9(ワイド)は、横幅16、高さ9 の画面比率です。「ワイド比率」とも呼ばれ、ホームシアター・映像視聴向け比率です。
16:10(WXGA)は、横幅16、高さ10 の画面比率です。「WXGA」とも呼ばれ、PC画面・パワーポイントなど主にビジネスシーンで使用されます。
4:3(スタンダード)は、横幅4、高さ3 の画面比率です。「スタンダード」とも呼ばれ、アナログテレビや古いPC画面に採用されていました。
2.35:1(シネスコ)は、横幅2.35、高さ1 の画面比率です。「シネマスコープ」の略で映画に使用されている比率です。シアターハウスでは特別注文スクリーンとして制作いたします。
こちらのページで詳細をまとめていますので合わせて参考にしてください。
【画面比率について(16:9と4:3、16:10の違い)】

スクリーンのタイプを選ぶ

プロジェクタースクリーンは一度購入すると長く使用する商品になります。
目的や使用環境に合ったスクリーン機種を選ぶことが重要です。予算重視からスクリーンを選ぶのではなく、使用頻度、設置環境を踏まえてスクリーン機種を選びましょう。

吊り下げ式(天吊りタイプ)

吊り下げ式(天吊りタイプ)のプロジェクタースクリーンは、天井や壁の高い位置にブラケットをねじで固定して使用するタイプです。
設置すると位置が固定されるため、ホームシアター、会議室、店舗などにおすすめです。使用しないときはスクリーンを巻き上げますので収納にも困りません。
巻き上げる方法には、電動巻き上げタイプと手動巻き上げタイプの2種類があります。電動巻き上げタイプは、付属のリモコンを操作して自動的に昇降させます。対して、手動巻き上げタイプは、電源を用いることなく自力でスクリーンを昇降させるタイプになります。

電動スクリーン

電動スクリーン
電動タイプのスクリーンはスクリーン本体にモーターが内蔵されており、モーター駆動でスクリーンを昇降させます。付属のリモコンでスクリーン昇降操作を行います。
メリットとして、リモコンで昇降操作ができ、遠い場所からでもスクリーン昇降操作を行えます。メモリ機能が搭載されているのでいつも同じ高さに自動で停止させることが可能です。
デメリットとして、同じインチサイズのタイプでも手動に比べて価格は割高になります。昇降動作に電源が必要なため電源工事などが必要となる場合があります。

手動巻き上げタイプ

チェーンスクリーン
スクリーン昇降を手動で行うタイプです。スクリーン下部の取っ手を引っ張ることでスクリーンを昇降させるスプリングタイプや、チェーンを操作し昇降操作を行うチェーンタイプの2種類があります。
メリットとして、スクリーン昇降操作に電源不要で操作できます。手動で操作することで任意の高さに調整も可能です。電動タイプに比べお求めやすい価格になっています。
デメリットとして、スクリーン昇降の際に、設置箇所まで行き操作する必要があります。頻繁に操作する場合には煩わしさを感じる場合があります。

壁掛け式(タペストリータイプ)

タペストリースクリーン
壁掛け式(タペストリータイプ)スクリーンは、掛け軸の構造を採用したスクリーンです。スクリーン生地の上下にアルミパイプがついていて吊り下げて使用します。巻き上げ収納する時は下のアルミバーに巻き付けて収納します。
メリットとして、軽量で持ち運びも簡単に行えます。部品点数も少なく、構造がシンプルなので他の機種に比べお求めやすい価格となっています。
デメリットとして、スクリーンを巻き上げるときには手動で下部アルミバーに巻きつけて収納させる必要があり、頻繁に昇降を行う場合は手間がかかります。きれいに巻き上げないとシワの原因にもなり注意が必要です。

自立式(モバイルタイプ)

自立式スクリーン
持ち運びに便利な自立型スクリーンです。持ち運びができるので、部屋の移動が多い方におすすめです。賃貸物件でのホームシアターや、会議用スクリーンとしても人気があります。
メリットとして、プロジェクタースクリーンを天井や壁にねじで固定する必要がなく、床に置いて立ち上げて設置するだけなので設置が簡単です。
デメリットとして、スクリーンを使用する度に設置する必要があり、画面の調整や片付けが必要です。

こちらの記事で詳細をまとめていますので合わせて参考にしてください。
【プロジェクタースクリーン機種の選び方】

ブラックマスク有り無しの違い

ブラックマスク有り無しの違い
プロジェクタースクリーンには、大きく分けて2種類のマスクタイプがあります。
四方が黒い縁で囲われている「ブラックマスク」と全面が真っ白な「マスクフリー(マスクなし)」タイプです。

ブラックマスク有り
ブラックマスクタイプは、スクリーン周りの黒フチのことで、映像部分との境目がはっきりとして、映像が締まって見える効果があります。映画との相性が良いことから、ホームシアターでは8割程度の方がブラックマスクスクリーンを選ばれています。

ブラックマスクなし
一方、マスクフリー(マスクなし)タイプは、さまざまな画面比率でも違和感なく映像を投射できるメリットがあります。ビジネス・店舗・学校などは映し出す映像の画面比率が多種にわたる場合が多いため、どの比率でも違和感なく投射できるマスクフリー(マスクなし)をオススメしています。また、お部屋のデザインに合わせて圧迫感を無くす理由でマスクフリー(マスクなし)を選択されるケースもあります。

こちらの記事で詳細をまとめていますので合わせて参考にしてください。
【ブラックマスク有り無しの違い】

おすすめのプロジェクタースクリーン|電動吊り下げ式(天吊りタイプ)

電動スクリーン ケース付き 16:9 100インチ WCB2214WEM

WCB2214WEM
シアターハウス人気ナンバー1のスクリーンです!リビングに溶け込む洗練されたケースと赤外線リモコンで簡単に昇降操作が可能です。
ケース付きタイプですので、スクリーンの日焼けやホコリから守ることができます。フルハイビジョン、4K映像にも対応したスクリーンを使用しています。静音モーターを採用し、電動スクリーン動作音が静かで、耐久性にも優れています。
電動スクリーンは、16:9(ワイド)、16:10(WXGA)、4:3(スタンダード)画面比率の80インチから150インチのラインナップをしており、取り付け高さ2600mm以上の方には上部延長モデルも展開しています。16:9(ワイド)では、ブラックマスクとマスクフリー(マスクなし)から選ぶことができます。ホームシアターからビジネス用途まで幅広いシーンで利用することが可能です。

おすすめのプロジェクタースクリーン|手動吊り下げ式(天吊りタイプ)

ケース付きスプリングスクリーン 16:10 100インチ WCS2154FEH

WCS2154FEH
スクリーンの日焼けホコリからスクリーンを守り、白い天井、壁に美しく設置が可能です。スクリーン下部のハンドル部を引っ張ることでスクリーン昇降操作ができます。電源が確保できない場所への設置におすすめです。高い場所に設置しても昇降操作ができるよう引っ掛け棒が付属します。フルハイビジョン、4K映像にも対応したスクリーンを使用しています。スプリングスクリーンは、ビジネス向けの16:10(WXGA)、4:3(スタンダード)画面比率の70インチから120インチまでラインナップしています。

おすすめのプロジェクタースクリーン|壁掛け式(タペストリータイプ)

掛図タペストリースクリーン 16:10 200インチ BTP4308XEH

BTP4308XEH
軽量だから設置、持ち運びが楽ちんです。ネジ付きフックなどに引っ掛けるだけですので、女性一人でも十分に設置が可能です。引っ掛けるためのスライドハンガーは取り付けたい位置に自由に動かすことが可能です。フルハイビジョン、4K映像にも対応したスクリーンを使用しています。スクリーン収納時には、スクリーン生地下のバーに巻きつけて収納します。掛図タペストリースクリーンは、16:9(ワイド)、16:10(WXGA)、4:3(スタンダード)画面比率の80インチから220インチのラインナップをしています。16:9(ワイド)では、ブラックマスクとマスクフリー(マスクなし)から選ぶことができます。ホームシアターからビジネス用途まで幅広いシーンで利用することが可能です。

おすすめのプロジェクタースクリーン|自立式(モバイルタイプ)

モバイル自立スクリーン 16:10 100インチ SST2160FEH

SST2160FEH
持ち運びでき、簡単に組立が可能です。場所を選ばない汎用性が特徴。普段は収納しながら、必要なときには20秒ほどで組み立てが完了します。マンションなど壁に穴や傷を付けられない場所にも設置ができます。ビジネス用途では、会議室が複数あり、各会議室ごとに設置するのがコスト的に厳しい場合に重宝します。
ブラックマスクの有無や、明るい場所でも使用可能なスクリーン生地を使用したモデルなどモデルも多くあります。モバイル自立スクリーンは、16:9(ワイド)、16:10(WXGA)の画面比率で80インチから120インチまでラインナップしています。

おすすめのプロジェクタースクリーン|マグネットスクリーン

モバイルマグネットスクリーン 16:10 72インチ WMS1552XMS

WMS1552XMS
裏面がマグネットシートのため、スチール製黒板やホワイトボードの上から使用できます。マグネットスクリーン表面に微細な凹凸をつけることで、ホワイトボードに直接プロジェクター映像を投映した時に気になるプロジェクターの光源や映像のテカリを大幅に抑え映像を見やすくします。ケースがついているので、使わないときは畳むただけ、端に寄せておけば使わないときにも目立ちません。マグネットスクリーンはホワイトボードマーカーで書き消しが可能です。映像を映しながら、スクリーンに直接書き込むことも可能です。モバイルマグネットスクリーンは、16:10(WXGA)の画面比率で60インチ、72インチ、80インチのラインナップをしています。

結論!シーンに合ったプロジェクタースクリーンを選ぼう!

各シーンや設置環境に応じて、プロジェクタースクリーンには取り付け設置方法やサイズなどが豊富にあります。さまざまなタイプ(種類)があるため、どれを選べばいいか迷う方も多いと思います。しかし、大画面スクリーンで観たい場所やプロジェクターを置く位置、部屋の広さ、天井の高さなど設置環境がわかると適正なプロジェクタースクリーンを選ぶことができます。
スクリーンを設置するには、壁掛けや天吊りでは工事も必要な場合があります。プロジェクターの光をきれいに投影するためには、できるだけ部屋を暗くする必要がありますが、ホームシアターでは大画面で非日常を、ビジネスではプレゼンの魅力を充分に伝えることが可能です。
ぜひ今回紹介したプロジェクタースクリーンの中から、お気に入りを見つけてみてください。

プロジェクタースクリーンの売れ筋ランキング

プロジェクタースクリーン商品一覧と各スクリーンのランキングをまとめています。お求めのシーンに応じたスクリーンをチェックしてみてください。

プロジェクター専門店のシアターハウスでは、用途や環境に応じたプロジェクタースクリーンを幅広く取り揃えています。
累計100,000人以上の導入実績があり、お客様に安心して購入いただけるよう最長メーカー10年の無料保証をつけております。プロジェクタースクリーンに採用している部品はすべて日本製を使用しており、北陸の福井県の工場で1つ1つ職人達が手作りしています。シアターハウスのプロジェクタースクリーンをご利用されたお客様が安心して大画面の迫力ある映像を楽しんでいただけることを目指しています!

お問い合わせ