HOME > シアターハウスブログ > ホームシアター > 新築ホームシアター事前の準備その3 スクリーン設置の下地を用意しよう

新築ホームシアター事前の準備その3 スクリーン設置の下地を用意しよう

カテゴリー: ホームシアター

スクリーンの取り付け位置が決まったら以下の準備が必要です。

スクリーンを取り付ける

シアターハウスの吊り下げタイプのスクリーンの場合、取り付け金具は付属のマウントブラケットで取り付けます。マウントブラケットは 木ねじで固定するのが一般的です。そのため木ねじが留められよう下地に木(コンパネ)を入れておいて下さい。あるいは石膏ボードの下にコンパネを入れておく事でも問題ありません。

スクリーンに向かって右側にコンセントを用意しておく

手動スクリーンであればコンセントは必要ありませんが、将来電動スクリーンに変えることも考えられます。最初からコンセントは設けておきましょう。新築の場合、スクリーンボックスを設けることも一般的です。スクリーンボックスとはカーテンボックスのような凹みの事です。

スクリーンボックスの内寸としては 深さ150mmx奥行き150mmx幅=スクリーン全幅プラス200mm以上が望ましいです。200mmの余裕を取るのはスクリーンボックス内に設置するコンセントのスペースを確保する為です。またボックスの天面はネジが打てるようコンパネ下地として下さい。

まとめると、
1.ボックスの天井はコンパネ(合板)にしておく事。
2.ボックスの内寸は 深さ150 x 奥行き150 x 幅(=スクリーン全幅+200mmあるいはそれ以上)
3.ボックス内右端の天井にコンセントを設ける。

お問い合わせ