HOME > シアターハウスブログ > プロジェクター > プロジェクターの間違った設置方法

プロジェクターの間違った設置方法

カテゴリー: プロジェクター

こんにちは!「シアターハウス」ウェブチームです。

プロジェクターを設置する際に天吊りではなくて後方の棚上に置く場合もあると思います。プロジェクターをまっすぐ水平に置くと映像は下図のように上の方にずれてしまいます。

プロジェクター設置図

初心者のユーザーさんの中には、映像位置を下げる為、仕方なくプロジェクターのお尻を持ち上げて、かなり下向きに傾けて設置する場合があるようです。(特にレンズシフト機能が無い場合)

この場合、傾き設置(投射)により大きな台形歪が発生してしまいます。下図のような感じですね。緑色部分が投射映像です。

この台形歪みはプロジェクター側でぎりぎり補正する事が可能かもしれませんが補正により、かなり映像品位が悪くなります。特にフォーカスが悪くなります。このような場合どうしたら良いのでしょうか?

プロジェクターを上下逆さまにして設置する

それはプロジェクターを上下逆さまに置く事です。そうするとプロジェクターを水平に置いても下記のようにだいたい良い位置に投射されます。

このようにセッティングすると下図のようにほぼ台形歪が発生する事なく映像を映す事が出来ます。

ただし逆さ設置によりこのままでは上下左右が反転しているので、プロジェクターの設定で映像自体を上下左右反転させます。

これでバッチリですね。あとはレンズシフト機能で多少位置を動かせば良いのです。

プロジェクタースクリーンメーカーの「シアターハウス」では日本製の高品質なプロジェクタースクリーンを販売しています。製品は10年保証つき(一部対象商品は外)で安心してお使いいただけます。
メールやLINE、お電話等でもスクリーンサイズや機種の選び方、設置についてのご質問など無料でお応えしておりますのでお気軽にご相談ください。

シアターハウスのプロジェクタースクリーンはこちら

お問い合わせ