HOME > シアターハウスブログ > プロジェクター > プロジェクター投射距離について

プロジェクター投射距離について

カテゴリー: プロジェクター

こんにちは!「シアターハウス」ウェブチームです。

プロジェクターを選定するにあたり、値段/ルックス/性能は大事な要素ですが投射距離というのも重要な要素の1つです。投射距離というのは

投射距離=スクリーン面からプロジェクターレンズ面までの距離

の距離を指しています。

つまり特定のサイズの映像を映すのにスクリーン⇔プロジェクター間でどのくらいの距離が必要かという事です。

ほとんどのプロジェクターにズーム機能がついているので、ある程度の幅(投射距離)で特定のサイズの映像を映す事が出来ますが、購入前にこれをしっかりチェックしておく必要があります。

EH-TW7100の投射距離は?

EH-TW7100 投射距離

例えばEPSONのEH-TW7100を購入したとしましょう。100インチワイドで映したいという場合、上図スペック表ではスクリーン面からプロジェクターレンズ面まで295cm~477cmの投射距離が必要となっています。スクリーンから295cm~477cm離れたところにプロジェクターのレンズ面がくるようにを設置してね~っていう意味です。

しかし実際にプロジェクターを取り付けて投射距離を測ってみたところ、280cmしか確保できない場合は90インチまでしか映せない事になります。プロジェクターを購入してから「あちゃー、しまった!」という事にならないようにしましょう。

プロジェクタースクリーンメーカーの「シアターハウス」では日本製の高品質なプロジェクタースクリーンを販売しています。製品は10年保証つき(一部対象商品は外)で安心してお使いいただけます。
メールやLINE、お電話等でもスクリーンサイズや機種の選び方、設置についてのご質問など無料でお応えしておりますのでお気軽にご相談ください。

シアターハウスのプロジェクタースクリーンはこちら

お問い合わせ