リア透過フィルム クリアタイプ機能・特徴

透過型スクリーン

リア透過フィルム クリアフィルム

MENU

閉じる

ガラス面をスクリーンとして活用

ガラスをスクリーンとして活用
ガラス面にリア透過フィルムを貼り付け、プロジェクターの映像を投影することで、ガラス面がスクリーンに早変わり。デジタルサイネージとして活用可能です。

リア透過フィルム色は透明、奥の風景が見える

リア透過フィルム色は透明、奥の風景が見える
フィルム色がクリアのため、映像を投影していないときも奥の景色を確認することができます。

リア透過フィルム映像の見え方について

リア透過フィルムは周囲が暗い環境ほど映像の認識性が高まります。周囲の明るさ、プロジェクターの明るさ、コンテンツ内容フィルム種類等によって映像の認識性が異なってきます。ご購入の前に投射テスト用貸し出しサンプルでの映像の見え方の確認を強く推奨いたします。投射テスト用貸し出しサンプル詳細ページ

驚きを演出する半透明フィルム

設置の仕方で多くの可能性を持つフィルム

半透明の透過フィルム

視野角が狭く、自分の位置から離れた場所の映像が見にくくなります。(↑の写真を確認すると分かりやすいです。)

見る角度が付いてしまう、高い位置への設置には適していませんが、フィルムを目線くらいの高さに設置すれば、実用的です。透明な部分に映像が流れるため、面白がって通行人が足を留めるなど広告効果は十分にございます。

プロジェクター設置位置のポイント

リア透過フィルムクリアタイプは半透明色ですので、プロジェクターの光源が見えやすくなっております。そのためプロジェクターの設置位置によっては光源が気になる場合がございます。プロジェクター固定位置は目線を外れる天井や床等に設置していただく等、光源が目線に入らないよう考慮ください。

リア透過フィルム(半透明タイプ)の見え方

ガラス全面に貼り付ける

リア透過フィルム(半透明タイプ)をガラスに貼り付け活用されているお客様の動画です。夕方~夜になると映像がはっきりと映しだされ、インパクト大です。

リア透過フィルムクリアタイプ活用事例動画

ショールームでの活用事例

カーディーラーの街頭広告としてリア透過フィルムクリアタイプを採用いただきました。

店舗入口のガラス面に貼り付ける

リア透過フィルム(半透明タイプ)を入り口玄関のガラス面に貼り付け、室内から映像を投映しています。南青山の人通りが多い場所なので店の前を通りすぎる方にも強く印象が残ります。

設置事例

リア透過フィルム 半透明タイプ(CF)関連記事

リア透過フィルムパネル レンタルのご依頼はこちら

周囲の明るさ、プロジェクターによって映像の見え方が変わるリア透過フィルム。
実際に映像を見てみたいという多数のご要望によりレンタル品をご用意いたしました。
厚さ3mmn透明アクリル板に透過フィルムを貼りつけたものを貸し出しております。
透過パネルのレンタル期間は2週間となり、パネルのサイズはそれぞれ『A3サイズ』です。
往復送料込み2000円となります。角度による見え方など、実際に使う部屋での見え方など確認下さい。

  • 投射テスト用リアプロジェクション透過フィルム A3 貸し出しサンプル 
投射テスト用リアプロジェクション透過フィルム A3 貸し出しサンプル TF-RENTAL
商品型番: TF-RENTAL
往復送料 1,818円 (税込2,000円)2000Yen
貸出サンプル実質無料!!
貸出サンプルを購入後、本商品を購入された場合(税込2,000円)を商品代金から割引します。

Amazonアカウントで決済可能です

今、ご注文すると07/25頃、出荷予定です。2024/07/25
※上記は目安です。(お急ぎの方へ

理想のスクリーンサイズをご提案

無料のお問合せはこちら

法人様・個人事業主様向け お得な大口割引
法人様・個人事業主様向け お得な大口割引

  • スクリーン詳細検索
  • SPIDERシリーズ適合機種検索
  • スクリーンサイズ計算
  • スクリーンサイズ一覧表

お問い合わせ