リア透過フィルムブラックタイプの貼り付け方法 リア透過フィルム

ガラス面に水貼りで貼り付け

リア透過フィルムをガラス面に水貼りで設置
ガラス面にリア透過フィルムを貼り付けする方法は水貼りで行います。一般的にガラスに飛散防止フィルムを施工する際に使われる貼り方です。ガラス屋さんなどにご依頼いただくことで施工可能です。

製品の設置方法について

リア透過フィルムはガラス面に水貼りという方法で貼ります。ガラス屋さんがガラス面に飛散防止フィルムを貼り付けるときに使用される一般的な貼り付け方法です。

シアターハウスでは商品の設置・施工は行っておりせん。お客様自身にて設置していただくか、ガラス施工業者等などにご依頼ください。

リア透過型フィルムの貼り付け手順

ガラス面に透過型フィルムを貼り付けていく作業を行います。

事前に用意するもの

用意するもの一覧
  • ヘラ
  • 水切りヘラ
  • マスキングテープ
  • 中性洗剤
  • 霧吹きボトル
洗剤を薄めておく

※霧吹きボトルに水を入れ、中性洗剤を1.2滴入れてよく混ぜておきます。

手順その1.ガラス面の汚れを取り除く

ガラス貼り付け面を掃除する
ガラス接着面をうすめた洗剤を入れた霧吹きでガラス面全体に噴きかけ、拭き取り残しがないようにゴム付きヘラを使用してホコリなどのゴミや汚れを取り除きます。

手順その2.マスキングテープでフィルムの位置を決める

マスキングテープで位置を決める
マスキングテープで上部左側、右側、下部左側の三点にマスキングし、あらかじめフィルムの貼り付け位置を決めておきます。

手順その3.再度ガラス面に再度霧吹きでうすめた洗剤を吹きかける

再度ガラスに吹きかける
ガラス面と透過型フィルムの間を滑らせるために再度霧吹きで吹きかけ、ガラス面を濡れた状態にしておきます。

手順その4.透過型フィルムの保護紙を剥がす

透過型フィルムの保護紙を剥がす
静電気防止の為、粘着面が十分水分でベタベタになるぐらい霧吹きで吹きかけていきながらフィルムの保護紙をはがしていきます。

手順その5.透過型フィルムを貼り付ける

マスキング位置に合わせて貼り付ける
ガラス面とフィルム粘着面が濡れている状態で、三点のマスキング位置にきっちりと位置を合わせてリア透過フィルムを貼りつけます。

手順その6.透過型フィルムを保護フィルムで覆い水分と気泡を取り除く

水分と気泡押し出し方法
手順4で剥がしたフィルムの保護紙を透過型フィルムに覆い傷が付かないように保護します。水切りヘラを使用して水分と気泡を押し出していきます。写真のようにまずフィルム上部の水分と気泡を横方向に向かって押し出していきます(矢印1)。
次に、フィルム上部から下部に向かって縦方向に水分と気泡を押し出していきます。(矢印2)

手順その7.ヘラを使用して水分と気泡を取り除く

ヘラを使用して水分と気泡を取り除く
フィルムに傷をつけないように注意しながら、ヘラを両手で押さえつけフィルム全体の水分と気泡を取り除いていきます

貼り付け作業完成

透過型フィルム貼り付け完成
フィルムから水分や気泡を押し出し終えたらフィルムの表面にっている水分をペーパータオルやタオルなどできれいにふき取り、フィルム貼り付け作業完了です。
作業をやり易くするため透過型フィルムには糊がついています。糊の上に水をかけて貼り付け少し水分が残りますが、残った水分は数日で乾き、綺麗な仕上がりとなります。

動画で貼り付け方法を確認する

リア透過フィルムをガラス面に貼りつける方法を動画でまとめました。貼り付け時のご参考にしてください。

プロジェクター映像投影時のご注意点

プロジェクター映像をリアプロジェクションフィルムに投影する際の注意点をまとめました、下記注意点をよく読み貼り付け場所、方法をご確認くださいませ。

短焦点、超短焦点プロジェクターには対応していません

リア透過フィルムは短焦点、超短焦点プロジェクターには対応していません。プロジェクター映像投影角度によって映像が二重に投影される場合がございます。

プロジェクターはフィルム貼り付け側から映像を投影してください

リア透過フィルムという製品上、プロジェクターはリア透過フィルムを貼り付け側から映像を投影してください。

フィルム貼付け時のご注意点

リアプロジェクションフィルムを貼り付ける際の注意点をまとめました、下記注意点をよく読み貼り付け場所、方法をご確認くださいませ。

ガラスへ面への貼り付けをお勧めします

アクリル板にフィルムを貼り付けた場合、時間経過と共にアクリル板からガス(アウトガス)が発生し、フィルムとアクリル板の間に小さな気泡が発生することがあります。 映像未投射時の状態品質を求める場合、ガラス面に貼付することをお勧めします。

網入りガラスへは貼り付けできません

網入りガラス

網入りガラス(ヒシワイヤー、クロスワイヤー)にはフィルムを貼り付けることができません。 ガラス表面部分がフィルムに覆われガラス面の冷却効果が落ちるためで、太陽光が当たり、網部分が温まると内部が膨張しガラスが熱割れしてしまう可能性があります。

飛散防止フィルムが貼られているガラス面へは貼り付けできません

ガラス面に飛散防止フィルムが貼られている場合、リア透過フィルムをうまく貼り付けられない、気泡がはいりやすい、飛散防止フィルムに傷をつけてしまう可能性がありますので、 飛散防止フィルムの上にリア透過フィルムを貼り付けることはできません。

キズがつかなないよう丁寧にお取り扱いください

※表面は傷つきやすいため、折り曲げたり爪で引っかいたり、とがったものを当てないよう注意ください。

フィルムが太陽光に当たる場所へ貼り付けた場合、通常より商品の劣化がはやくなります。

  • スクリーンサイズ計算
  • スクリーンサイズ一覧表

スクリーン詳細検索

画像比率 ≫画面比率について
サイズ ≫サイズ比較一覧表
生地 ≫生地について

タイプ
マスク ≫マスクとは?
PAGE TOP

お問い合わせ