シアターハウス本店は、信頼できるショップとしてGoogleに選ばれた認定ショップです。
閉じる

お客様設置事例

example

HUMMER H2で駐車場がライブ会場になります

カテゴリー: リア透過 ホワイトマットイベントチェーン CH

リア透過スクリーンハマーH2に投射車にリア透過スクリーンを設置

ハマーH2への設置、プロジェクター機器などの情報について

シアターハウスでは各機器の設定、スクリーン設置等については行っておりせん。今回ご紹介しておりますハマーH2へのリアスクリーンの活用方法についてはシアターハウスにてリア透過スクリーンをご購入いただきましたユーザー様より頂いた情報となり、弊社では機器情報、設置方法等についての情報は一切持ちあわせておらず、ご説明することができません。どうかご了承くださいませ。

リア透過スクリーンをリアガラス全面やリアサイドにも装着しております。

プロジェクター固定位置は、HUMMER H2の場合はサンルーフの開口がでかいのでそこの凹みを利用して装着していますので 圧迫感もほぼありません。
当然 走行中も付けたままですが 簡単に脱着できるようにしております。

アクリル5mm厚ベースにしており 補強でステンレス素材追加しています。
プロジェクターは昼間も 結構普通に見れます。

車両外部にスピーカー10個ほどついて Live会場にいつでもできます♪
また、リアハッチを開けると、広い壁などに5mぐらいのサイズでプロジェクター画像楽しめます。

スクリーン本体は リアの窓最上部に固定しており、非情に頑丈です。
私のは3年以上まったく問題ありません。
よって 走行中はリア透過スクリーン巻き上げての仕様で視界確保しております。

サイドは、透過スクリーンをガラスに密着させるように装着してます。

これらの仕様で リアへ80インチクラスで投影し、サイド両面にも投影することが可能です。
もちろん このような仕様が簡単に出来るわけではありませんが私は簡単にやっちゃう達人なのです♪

すれ違う車の運転手のビックリする顔 その後 通り過ぎてさらにリアガラスを見て何度もびっくりする人が多く楽しいですね。
前からも後ろからも横からも どこからでも プロジェクター見えるので私より目立つ車見たこと無いです♪。

ちなみに リフトアップを8インチしているモンスター車で タイヤ110cm高さあります。
車体サイズ 500×240×240 の戦車級です。

現在は昼間も見せれる仕様ですのでさらに目立っちゃいます。
シアターハウスさんにはいつもご無理なお願い 快諾頂きまして感謝しております。
また 車両に装着する予定ありますので お世話になります♪

ハマーH2への設置、プロジェクター機器などの情報について

シアターハウスでは各機器の設定、スクリーン設置等については行っておりせん。今回ご紹介しておりますハマーH2へのリアスクリーンの活用方法についてはシアターハウスにてリア透過スクリーンをご購入いただきましたユーザー様より頂いた情報となり、弊社では機器情報、設置方法等についての情報は一切持ちあわせておらず、ご説明することができません。どうかご了承くださいませ。

お客様レビュー投稿

PAGE TOP