シアターハウス本店は、信頼できるショップとしてGoogleに選ばれた認定ショップです。
閉じる

リア透過 フィルムタイプ ホワイト

リア透過 フィルムタイプ ホワイトの特徴

リア透過 フィルムタイプ ホワイトの特徴

室内側のガラス面などに貼りつけ裏側からプロジェクターの映像を投映するリア透過フィルムタイプです。フィルム色はホワイトで映像を投射しない時はスリガラスのように見えます。
フィルムに色がついているのでプロジェクター映像を投映すると明るさが際立ち高輝度な映写が可能となります。視野角が広く、斜めからの角度でも映像が暗くなりにくくなっています。
貼り付け方法はフィルム片面に糊がついていますので、ガラス面に飛散防止フィルムや遮熱フィルムを張り付ける水張り方法となります。

仕様表

製品性能 商品名 リア透過型フィルム 乳白色タイプ(WF)
視野角度(度) 170
ゲイン 5.0
ハーフゲイン(度) 75
全光線透過率(%) 86
可視光線透過率(%) 35
ヘイズ(%) 98.01
短焦点、超短焦点
プロジェクターの対応
非対応
製品形態 形態 フィルムタイプ(片側のり付き)
乳白色
フィルム幅(mm) 1525
厚み(μm ) 100
材質 ポリプロピレン
保証期間 3年 (製品保証について

スクリーンゲイン表

ハイビジョンマット ゲイン表

よくある質問

Q.リア透過フィルムには裏表はありますか?
A.裏表はございませんが、リア透過フィルム片側には糊が付いております。 基本的に糊が付いていない側にプロジェクター映像を投映する形となります。 詳細はこちら
Q.リア透過フィルム、スクリーンタイプにプロジェクター映像投映すると文字や映像が反転します。改善方法はありますか?
A.リア透過フィルムに映像を投映し視聴した際には文字や映像は反対に投映されますがプロジェクターの故障ではありません。プロジェクターの設定で投映方法を変更可能です。 詳細はこちら
Q.リア透過フィルムをガラスやアクリル板に貼ってもらうことは可能ですか?
A.弊社では透過フィルムのご提供のみとなっており、貼り付けはおこなっておりません。 お客様ご自身で貼り付けを行って頂くか業者様に貼り付けをご依頼いただきますようお願いいたします。 アクリル板に貼り付けた場合、気泡が発生する場合があり、その際には保証対象外となります、ご了承ください。 詳細はこちら
Q.短焦点、超短焦点プロジェクターで、リア透過フィルムに投影できますすか?
A.短焦点や超短焦点プロジェクターの場合、映像の再現性が悪くなり、映像の色が薄くなったり見えにくくなる場合があるためおすすめはしておりません。短焦点や超短焦点モデルでないプロジェクターのご使用をおすすめいたします。 詳細はこちら
Q.透過フィルムの無償サンプルを頂くことはできますか?
A.申し訳ございません。 無償サンプルサービスは行っておりません。 詳細はこちら
Q.網入りガラスにリア透過フィルムを貼り付けできますか?
A.熱割れの原因となるため網入りガラスに透過フィルムは貼り付けることはできません 詳細はこちら
Q.アクリル板にリア透過フィルムを貼り付けできますか?
A.貼り付けは可能です。但し時間経過と共にガスが発生する場合がありますのでご注意ください。 詳細はこちら
Q.リア透過フィルムに使うオススメプロジェクターはありますか?
A.リア透過フィルムに使用するプロジェクターの指定は特にありません。できるだけ明るい映像が投射で、映像反転機能が搭載されている機種をお選びください。 詳細はこちら

商品一覧

スクリーン詳細検索

画像比率 ≫画面比率について
サイズ ≫サイズ比較一覧表
生地 ≫生地について

タイプ
マスク ≫マスクとは?
PAGE TOP