シアターハウス本店は、信頼できるショップとしてGoogleに選ばれた認定ショップです。
閉じる

EB-S05,EB-W05,EB-X05を天吊り金具スパイダー2で天吊設置する方法

「EPSON」が 2017年8月に発売したビジネス向けプロジェクターEB-S05、EB-W05、EB-X05
一番の特長は優れたコストパフォーマンスです。解像度がWXGA(1280×800)あり、明るさも3,300ルーメンのEB-W05でも約65,000円前後、EB-S05ならば45,000円前後ととてもお求め安い価格となっています。
天吊金具スパイダー2を使用すれば天吊設置が可能で、設置する会議室やプロジェクターの置き場所に困りません。

天吊金具スパイダー2をEB-S05,EB-W05,EB-X05に固定する

まずは平らな場所に置き、プロジェクター天吊金具スパイダー2とプロジェクターEB-W05の固定作業を行います。
(※写真はEB-W05ですが、EB-X05、EB-S05も同様の手順で取り付け可能です。)

W05_01

プロジェクターEB-W05本体を裏返し、天吊金具用のネジ穴の位置を確認します。下の写真の赤丸部分の3点が天吊金具と固定するネジ穴となります。
W05_02

天吊金具スパイダー2をそのままの状態で固定しようとすると、中央のネジ穴にはアームを固定することができません。

そこで、スパイダー2のアーム部分とプレート部分を一度バラバラにします。(下の写真の状態になります。)

W05_03

次に、プロジェクターの重心を捉えるよう調整し、スパイダー2のアーム部分を先に固定します。(写真のような角度で固定すると重心を捉えられます。)アーム部分をプロジェクター本体にしっかり固定できたら、プレート部分を取り付けます。

W05_04W05_05


一度、スパイダー2のシャフトを引っ掛けて、プロジェクターEB-W05をゆっくり持ち上げて見ると、重心を捉えているか確認できます。(下の写真の赤丸部分に引っ掛けます。)
W05_06

EB-S05,EB-W05,EB-X05 天吊完成

最後にスパイダー2のシャフトを天井に固定すれば、EB-W05の天吊り設置完了です。
(※写真はEB-W05ですが、EB-X05、EB-S05も同様の手順で取り付け可能です。)

W05_07

W05_08W05_09


EPSON ビジネス用プロジェクターEB-S05、EB-W05、EB-X05は、明るいままでも映像をくっきりと投写することが可能です。表や図面などを高精細・広範囲で投写でき、会議やプレゼンがより円滑に進みます。
しかし、天吊り用のネジ穴が内側にあるため、アームが取り付けられないと思われる方がいらっしゃいます。スパイダー2なら、アーム部とプレート部を分解し先にアーム部を固定することで、天吊設置が可能となります。
お求めやすい価格で、ビジネスのさまざまな条件や用途に的確に対応できるEB-S05、EB-W05、EB-X05は買い換えや、買い増しにもおすすめです!

この記事に関連する商品はこちらからご注文いただけます


スクリーン詳細検索

画像比率 ≫画面比率について
サイズ ≫サイズ比較一覧表
生地 ≫生地について

タイプ
マスク ≫マスクとは?
PAGE TOP