シアターハウス本店は、信頼できるショップとしてGoogleに選ばれた認定ショップです。
閉じる

お客様設置事例

example

ゆったりと降りてくるスクリーンはゴージャス感満点です

カテゴリー: ホームシアター電動ケース付き CBスパイダー2シアターマット、ホワイトマット90インチ

ホームシアター全景

設置に関して
1.リビングの南側窓(ハキダシ)前にスクリーンを設置。(カーテンの前にスクリーンが垂れ下がるようにしたい)
2.投射距離をあまり確保できない(3.3m)が、できるだけソファーからの目線で疲れない高さに投射する。
3.プロジェクタ設置が食卓テーブルの真上の設置になってしまうので、圧迫感がないよう出来るだけ天井に近づける。
4.プロジェクタ設置位置は天井板の補強をしていたが、スクリーン側の天井補強を忘れていた。(ツーバイフォーの建物です。)
そのため壁面に固定する方法を選んだ。
壁面内の補強柱位置を探し、L型アングル(棚用許容荷重80kg/1個)でカーテンレール前にはり出させ(壁面から20cm)、
張り出したアングル先に角材(30X60X2100mm)を乗せて横に渡し、その角材にスクリーンのブラケットを固定、スクリーンをぶら下げた。

スクリーン壁付け設置工務店にスクリーン側天井補強を見積もらせたら10万オーバーでしたが、ホームセンターのL型アングルと角材(壁紙で化粧)で材料費1万円弱でした。
自前工事でしたが一人でやりきり、2時間で完了。満足しています。

TW6000W写真

スパイダー2を取り付けたプロジェクタ設置は、特に問題なく取り付けられました。
安定感もあり恐らく誰が作業しても問題無く取り付けられる、完成度の高いブラケットと思いました。

スパイダー2の天井側の固定は4点ねじ固定ですが、編荷重になると危ないと思いました。(注記に入れられたら如何でしょうか?)
(出来るだけ投射距離を確保しようと、吊りシャフトとプロジェクタレンズを近づけたらレンズ側のねじに荷重が集中した。)
重量があるプロジェクタの場合、安全の為にもつり下げるモノの重心位置を考慮した設置が必要と思いました。

※付属の落下防止ケーブルは(食卓の真上でもあり)20kgオーバーのプロジェクタには少し心許なかったので、
つり下げ許容荷重40kgの鎖×2本に変えました。(少しイカツクなってしまいましたが・・・。)
チェーンにカラピナを付けて本体に繋げていますが、本体側に吊りリングなどを通せる穴が有ったら便利だと思いました。

出来るだけ大きなスクリーンで見たく100インチを考えていましたが、投射距離を確保できないため90インチのスクリーンにしました。
しかし、視聴距離2.5mですが思った以上に大きく迫力に大満足しています。
ケース付電動スクリーンにしたのも正解で、ゆったりと降りてくるスクリーンはゴージャス感満点です。
今は反射式の仮想5.1チャンネルスピーカをならしていますが、少しずつ設備を整え、9.1チャンネルの音響にも挑戦したいと思っています。

シアターハウスさんの製品にして良かったと思っています。
良い製品をありがとうございます。

ご提供:yamadono様
【スクリーン:ケース付電動スクリーンWCB1992GM 】
【プロジェクター:EPSON EH-TW8000W】
【使用目的:ホームシアターとして使用】

お客様レビュー投稿

  • レビューを書けば500円プレゼント
PAGE TOP