HOME > メディア掲載 > ホームシアター専門誌『ホームシアターファイル 2018』にシアターハウスのスクリーンが紹介されました!

ホームシアター専門誌『ホームシアターファイル 2018』にシアターハウスのスクリーンが紹介されました!

ホームシアター専門誌ホームシアターファイル 2018にてシアターハウスの遠距離操作電動ケースつきスクリーンが紹介されました!

 /></a></p>
<h2>シーハウが起こすスクリーン操作革命</h2>
<p>リモコンに無線方式(RF)を採用し、快適な操作を叶えるスクリーンがシアターハウスより登場。<br />
部屋のどこからでも操作OK。スクリーンを掘り込みの中に隠して設置していたとしてもOK。<br />
画質はもちろん、快適性も考慮してシアタールームの完成度をさらに高めよう。
</p>
<h2>ストレスなく操作可能、幕面は4K解像度に対応</h2>
<p> 「<a href=WCRシリーズは、AV機器としては珍しく、リモコン操作に電波(RF/Radio Frequency)方式を採用する電動巻き上げ式スクリーン。一般的な家電の遠隔操作では赤外線(IF/infrared)を採用する製品が多いが、原則、リモコンの先端を機器の受光部に向ける必要があり、距離も数メートル以内に限られる。ユーザーの多くは、障害物で赤外線が遮られると操作が空振りしてストレスを感じた経験があることだろう。受光部が隠れてしまうような設置状態や、隣室などの壁越しの操作は不可能。WCRシリーズでは、赤外線リモコンが利用できないシーンを想定して企画され、吹き抜け天井でスクリーンケース部を高い位置に設置するようなケースでも重宝するだろう。

 幕面を巻き取るシャフトは直径を大きくかつリブによる補強で剛性を高めて平滑性を保ち、ハイパワーで高耐久を誇るソムフィ社のモーターを採用。16対9の場合、最大180インチに対応でき、超大画面派の要望にも応えてくれる。幕面は4K解像度にも対応する「ハイビジョンマット2」を採用。シアターハウスが独自に開発した幕面で評判も上々。実際に4Kプロジェクターと組み合わせても、表面が滑らかでモアレと無縁なのはもちろん、良質な高密度映像も堂々と受け止める実力を持つ。カスタムオーダーにきめ細やかに対応してくれるのもうれしい。

お問い合わせ