プロジェクタースクリーンの専門店

全品全国送料無料返品・交換30日間無料

シアターハウス本店は、信頼できるショップとしてGoogleに選ばれた認定ショップです。
閉じる

設置方法 遠距離用 電動スクリーン

スクリーン用下地の準備する

重量があるスクリーンの設置となりますので、必ず下地が必要です。下地として、ベニヤ板(コンパネ)の厚さ12mm以上をスクリーンの取付け位置に準備してください。下地の取り付けは、製品落下の心配がないよう確実に取り付けてください。

スクリーンを天井に設置する場合

電動スクリーン天井設置

ネジを打つ部分は、実際スクリーンの両端のみとなっておりますが、上記のイラストくらい大きなものを入れておくと間違いありません。

スクリーンを壁に設置する場合

電スクリーン壁付け設置

壁面への設置の場合も必ず下地が必要です。下地として、ベニヤ板(コンパネ)の厚さ12mm以上をスクリーンの取付け位置に準備をお願いします。下地の取り付けは、スクリーンが落下しないよう確実に取付けください。

ネジを打つ部分は、実際スクリーンの両端のみとなっておりますが、上記のイラストくらい大きなものを入れておくと間違いございません。

電動スクリーンの取り付け方法

内容物の確認

遠距離操作スクリーンの部材内容は以下の通りとなります

サイドブラケット形状
  • スクリーン本体
  • サイドブラケット2個(モーター側用 と 軸受け側用の2種類 ネジ付き)
  • モーター
  • 軸受け
  • リモコン
  • 取扱説明書

ブラケットを天井にとめるためのネジは付属されておりませんので、お客さまの元で、天井にあったネジをお選びください。

スクリーン取り付けの流れ

ブラケットの取り付け、モーターの組み込みが終わりましたら、いよいよスクリーンの取り付けとなります。スクリーンは重たく取り付けは一人では、大変難しいので作業は必ず2人以上で行ってください。

全体の流れとしては、まず最初にモーター側(右側)から取り付けを行い、次に軸受け側(左側)の取り付けを行います。以下の動画もあわせてご覧になってください。

天井設置方法

壁つけ設置方法

サイドブラケット形状を確認する

大型スクリーンの設置には、ブラケットと呼ばれる金具を天井に取り付ける必要があります。このブラケットには「モーター側用」と「軸受け側用」の二種類があります。この二種類を間違えた場所に取り付けないよう区別できるようにしてください。

ブラケットの判別については以下の画像をご覧ください。

サイドブラケット形状

サイドブラケットを取り付ける

サイドブラケットには、ネジ穴が4箇所ずつあります。つまりその4箇所にネジを打って天井にブラケットを取り付けます。このときに気をつける点がいくつかあります。

まずブラケットの取り付けですが、確実に下地補強されている場所に取り付けを行ってください。石膏ボードのような弱い天井に取り付けを行うとスクリーンが落下するなどの危険性があります。

次にブラケットの位置についてです。先ほどブラケットには2種類あるといいましたが、スクリーンを正面にみて右側に「モーター側用」左側に「モーター反対側用」を取り付けてください。このマウントブラケットの間隔ですがサイドブラケットの一番外側からもう1つのブラケットの外側が製品全幅となるように取付けを行ってください。

サイドブラケット間隔

ブラケットの種類、間隔が違うと正常に取り付けができませんので正確にブラケットを取り付けください。また取付けは以下のようにネジでしっかり取付ける必要があります。

ブラケットの取り付け例

モーターを組み込む

材料を見ると、ブラケットの他にスクリーン生地がまいてある長いパイプがあるのがわかると思います。そして別に短い箱がありその中をみるとモーターが入ってますのでそれをパイプに挿入します。

パイプを見ると、左側(モーター反対側)には、すでに軸受けが入ってますので、その反対側(右側)にモーターを挿入します。モーターの挿入について注意点があり、パイプをよく見ると深い溝と浅い溝があるのがわかるかと思いますのでその浅いところにモーターのリブ(突起物)が入るように取付けてください。以下の画像を見ていただくとわかりやすいかと思います。

モーター挿入の最初部分

モーター挿入の最後部分

モーター側の取り付け

まず最初にモーター側の取り付けを行います。取り付けはというと、ブラケットに軸を挿し込むという感じになります。ブラケットをみつと針金のようなものにネジがついていると思いますのでそのネジを取り外してください。

そしてその針金を手で軽く開いてスクリーンのモーターの溝とブラケットの溝が合えば、パチッと音をたてて針金がモーターの溝に引っかかり取り付けができます。この取り付けるときに、コードが上向きになっていたほうが仕上がりがきれいに見えます。そして最後に取り外したネジで針金を固定してモーター側の取り付けは完了です。

以下の図が、取り付けたときの様子になります。取り付けたときにこのような形になっているか確認ください。

軸受け側の取り付け

軸受け側は軸受けに軸を乗せるだけですので、モーター側に比べると比較的簡単にできます。注意点としては、ブラケット同士の間隔によっては、軸受けとパイプの軸との距離が離れていて正常に取り付けできない場合があります。そういった時には、パイプについている軸を少し伸ばして軸受けに軸が十分に乗るようにしてください。軸受けは大体10mmほど伸びるようになってます。

軸受けとは

軸受けに軸が十分にのったら、最後に付属されているネジで軸と軸受けを固定します。軸受けにはそれようのネジ穴がありますのでネジ穴がちょうどいい位置にないときは、もう一度取り外して軸を伸ばしたりしてネジ穴の位置を調整してください。
以下ネジを取り付ける前の写真になります。

以上の作業が終わりましたら基本的な取り付け作業は完了です。

電源について

リモコン式スクリーンの場合

電動スクリーンには電源が必要となります。スクリーンに向かって右側にコンセント(100V)をあらかじめご用意ください。

スクリーン初期設定方法

工場出荷時にはスクリーンは約30cm程度しか降りてきません。初回のみスクリーンを巻き上げ停止位置(上限停止位置設定)とスクリーンが停止する高さ(下限停止位置設定)の設定を行う必要があります。動画での説明もございますので、こちらの動画もご覧ください。

スクリーン上限停止位置の設定

最初に、スクリーンを巻き上げ停止位置(上限位置)の設定をします。スクリーンに電源が入っている事を確認します。電源が入っているのを確認できたら、リモコンのアップボタンを押してください。スクリーンが上がらないのを確認したら、リモコンのアップボタンとダウンボタンを一緒に5秒押します。するとスクリーンが上下に動きますので、ご確認ください。

すると、上限位置の設定モードに入りますので、リモコンのアップダウンを押してスクリーンをどこまで巻き上げるのか位置を決定します。ちょうどいい位置まできたら、ストップボタン(myボタン)を2秒押すと、先ほどのようにスクリーンが上下して上限位置の設定が完了となります。

スクリーン下限停止位置の設定

次にスクリーンをどの位置まで降ろせるようにするかの下限位置の設定です。ダウンボタンを押すとスクリーンが下に下がってくので自動的に止まるまでリモコンを操作しないでください。

スクリーンが止まったら、アップボタンとダウンボタンを先ほどと同様に一緒に5秒間押します。すると同じようにスクリーンが上下に動き下限位置の設定モードに入ります。

スクリーンを希望とする位置まで降ろせるように、リモコン操作でスクリーン位置を決定します。希望とする位置までスクリーンを降ろすことができましたらストップボタンを2秒押して完了となります。このときも先ほど同様にスクリーンが上下に動きます。

以上で設定は完了です。

スクリーン初期設定時のご注意点

スクリーンの上限位置設定、下限位置設定を行う場合、注意点がございます。下記内容をよく読み設定をおこなってください。

リモコンの連続操作について

リモコンは、省電力モードの関係で、5秒以上連続して操作することができません。5秒間連続してボタンを押していると信号が2秒だけ切れるようになっております。これは故障ではございませんので安心してご利用ください。またこのように5秒以上ボタンを押すというのは、日常使用では使うことはなく、この設定の時のみそのような症状がでます。

スクリーン連続動作の注意点

2、3回程度の上げ下ろしなどでは問題ありませんが、スクリーン昇降操作を短時間で何度も行いますと、ボタンを押してもスクリーンが動作しなくなる場合があります。モーター保護回路が働くためで、モーターが焼け焦げることがないよう、ある一定の温度になると停止するようになっております。ご使用時の気温にもよりますが、300秒程度連続動作しますと保護機能が働きます。その場合30分ほどおく事で元通りに動作するようになります。

だから選ばれています

最長10年間の無料保証
末永くお使いいただけるようスクリーン、天吊り金具に10年の長期保証を付けてます。
フルハイビジョン対応
シアターハウスのスクリーンは、すべてフルハイビジョンに対応した生地を使用してております。
生地の張り替えサービス
傷や汚れがついても安心!
張替えサービスでスクリーンが新品同様に生まれ変わります。
誰でも卸売価格!
直接販売にする事で流通コストをゼロにしました。どなたでも卸値価格で購入いただけます。
誰でも卸売価格!
特注サイズのご注文なら、お部屋や家具のサイズにぴったりのスクリーンが製作できます。
MADE IN JAPANの品質
1つ1つが職人による手作りのため、一定の品質、そして細かな対応が可能になっています。

お問い合わせフォームスクリーンの事はもちろん、例えばホームシアター構築全般についてのご質問でもお答え致します。どんなことでもお気軽にご相談ください!

より良い製品をお求めやすい価格でご提供いたします。

シアターハウスはプロジェクタースクリーン、映写スクリーンの専門店です。
ホームシアター用スクリーンはもちろん、学校や会社で使う会議用・プレゼン用のスクリーンまで取扱っております。
ユーザーの状況に応じて、1cm単位でのスクリーン幅設定が可能なカスタム品もございます。 カスタム品の価格はネット上から簡単に見積もることが出来るようになっています。
シアターハウス独自のサービスはコチラ。 店長プロフィールはコチラ

お電話でもご注文・ご相談を承っております! お急ぎの方もお電話ください!

TEL:0776-56-0325 プロジェクタースクリーンの専門店です。ホームシアター用、会議用、イベント用など500種類以上の各種プロジェクタースクリーンを取扱っております。特注サイズも可能ですのでお部屋や家具の幅に合わせたスクリーンをご注文いただけます。
スクリーンの事で何かわからない事ございましたらシアターハウスまでお気軽にお問い合わせください。

  • スクリーンの選び方
  • プロジェクター用天吊金具
  • フルハイビジョン対応スクリーン
  • 各種メディアに掲載されました
  • シアターハウス店長 吉村明高の大画面ブログ「シーハウ情報ナビ」
  • 返金保証
  • ビジュアルグランプリ10期連続受賞
  • 最長10年間の長期無料保証

02月の営業日

1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728

03月の営業日

1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

赤の日付はお休みとなります。「受注確認」「お問合せの回答」「商品発送」は翌営業日以降となります。

  • シアターハウス楽天店
  • Blueocean
PAGE TOP