シアターハウス本店は、信頼できるショップとしてGoogleに選ばれた認定ショップです。
閉じる

機能と特徴 ケース付き電動スクリーン

電動スクリーン ケース付き

リビングに溶け込む洗練されたスタイルの電動スクリーン。リモコン操作により、スクリーンが昇降します。

リモコン操作位置とスクリーンの距離が8m以上の場合は、WCRシリーズを選択ください。

リビングシアターに合う白ケース

ケース付きスクリーン

ほこりなどからスクリーンを守る

白のケース付きスクリーン。スクリーンを日焼けやホコリから守ってくれます。天井、壁が白い部屋と相性がいいです。

フルハイビジョン、4Kプロジェクターにオススメ

フルハイビジョン対応スクリーン

フルハイビジョン、4Kに対応したスクリーン

フルハイビジョンプロジェクターに対応したスクリーンを使用しています。

生地表面の凹凸極力なくすことでフルハイビジョンプロジェクターでありがちな『モアレ』が発生しません。
また、フルハイビジョン映像より4倍高繊細な「4K」映像にも対応しています。詳しくはハイビジョンマット2についてをご覧ください。

スクリーンを自由な位置でとめる事ができます

下限位置の設定

下限位置の設定をする事でスクリーンを好きな位置まで降ろす事ができます。

リモコンで設定できるからとても簡単、設定方法は下記ページをご覧ください。
→リモコンでの設定方法

ボタンが少ないから操作が簡単

ボタン数はたったの4つ

基本的には『UPボタン』と『DOWNボタン』の二つしか使いません。シンプルな操作ですのでお子様、女性の方でも簡単にご使用いただけます。

電動スクリーンのリモコン

スクリーン用に開発された巻取り専用パイプ

スクリーンの平面性向上のためスクリーン専用に設計、開発した巻取りアルミパイプ(48Φ)を使用しています。巻取りパイプ長(生地全幅)2441mm以上からは大型スクリーンに使われている太いパイプ(58Φ)を使用しています。

スクリーン巻取り専用パイプ

もの影に隠れても受光部さえ見えてればいい

受光部の長さ

スクリーンボックスの中にスクリーンを設置するとスクリーン本体が見えずリモコンが効かないという不具合が起こりがちです。

しかし、シアターハウスの電動スクリーンは受光部が本体より240mmでているので、本体は隠れても受光部をほんの少し露出させておけばスクリーンを操作する事ができます。

静音性の高いモーター

静音性の高いモーター

静音小型モーターを採用した事で、電動スクリーン動作音の低減、耐久性の向上に成功しました。このモーターの特徴は、静音性と耐久性がとても優れている事で、スクリーンの上げ下げでの動作音は、ほとんどなくスムーズに動作してくれます。

耐久性に関しては、今現在でモーター故障の報告は一件もありません。 太い軸を使用する事で軸がしっかりするようになり中に組み込まれているギアの比率等も見直す事で強い耐久性のあるモーターができました。

ロールカーテン方式だから設置が簡単

簡単なブラケット方式を採用

スクリーンの取り付けが始めての方でも、簡単に取り付けができるように、スクリーンの取り付けにはブラケット方式を採用しました。設置の自由度も高く、天井・壁どちらでも取り付け可能です。取付けは基本的にロールカーテンと同じです。

ブラケット方式の取付け

ブラケット方式の取り付けは、まず最初にブラケットを天井もしくは壁に、ドライバー等でネジ留めし、後はブラケットにスクリーンを「パチッ」とはめるだけです。小さいタイプでしたらお一人でも十分に取り付け可能です。取り外しの場合も「パチッ」と外す事ができ簡単です。

動画で製品の特徴を確認する

スクリーン詳細検索

画像比率 ≫画面比率について
サイズ ≫サイズ比較一覧表
生地 ≫生地について

タイプ
マスク ≫マスクとは?
PAGE TOP