このページの情報は古い可能性があります。
新しいページはこちら

スクリーン全般について - よくあるご質問


A.短焦点または超短焦点プロジェクターには対応しておりません。
A.スクリーンの平面性の為にスクリーン生地と巻取りパイプに工夫をしています。
A.スクリーンに映像を投射すると大きな映像を映しやすい、壁の影響を受けないなどのメリットがあります。
A.プロジェクターの映像用に開発された生地ですので映像に違いは出てきます。
A.おおまかにわけて3つの段階で検査を行なっています。出荷する商品全数検査しています。
A.部屋が大きくなるに従って大型スクリーンを選ぶ傾向にありますがサイズ選定に際して一番大事な事は視聴距離です。
A.本当です。同じインチサイズでも4:3と16:9ではスクリーン幅が違ってきます。ちなみに高さも違います。
A.16:9、4:3 でスクリーン生地幅は変わります。 スクリーン計算ページで数字を入力いただくと自動で計算してくれます。
A.生地延長したほうが使い勝手がいいと思います。
A.シネスコサイズも製作可能です、ご希望機種、スクリーンサイズをご記入の上お問合せ下さい。
A.問題なく使用可能です。シアターハウスのスクリーンをOHP用として使用する事はまったく問題ありません。
A.スクリーン生地は同じなので映像の映り自体は全く同じです。
PAGE TOP

お問い合わせ