シアターハウス本店は、信頼できるショップとしてGoogleに選ばれた認定ショップです。
閉じる

スクリーンについて|よくある質問

A.申し訳ございませんが映像はほとんどみえません。プロジェクターの明るさが太陽光の光に負けてしまうためです。
A.通常は視聴位置からみて奥側からスクリーンが降りてきますが、視聴面外巻き仕様となりますと、手前側からスクリーンが降りてきます。
A.旧タイプリモコン(RC100)販売しております。
A.スクリーンの平面性の為にスクリーン生地と巻取りパイプに工夫をしています。
A.スクリーンに映像を投射すると大きな映像を映しやすい、壁の影響を受けないなどのメリットがあります。
A.プロジェクターの映像用に開発された生地ですので映像に違いは出てきます。
A.おおまかにわけて3つの段階で検査を行なっています。出荷する商品全数検査しています。
A.小さい虫などが巻き込まれる場合がありますので夏などは特に注意して巻きあげてください。
A.スクリーンを使わないときは巻きあげて収納してください。
A.製造直販販売のため、流通にかかるコストを抑えています。 コストダウンを製品価格に還元しています。
A.シワ、タルミについてですが、生地は布製品ですので正直に言いますと「壁のような完全な平面性」を得ることは難しいです。
A.サウンドスクリーンとはスピーカーから出た音が透過するスクリーンの事です。スクリーンの裏側にスピーカーを設置する事が可能です。
A.本当です。同じインチサイズでも4:3と16:9ではスクリーン幅が違ってきます。ちなみに高さも違います。
A.16:9、4:3 でスクリーン生地幅は変わります。 スクリーン計算ページで数字を入力いただくと自動で計算してくれます。
A.生地延長したほうが使い勝手がいいと思います。
PAGE TOP