会議用スクリーン画面高さの決め方

会社で打ち合わせ、ミーティング、会議などでプロジェクター・スクリーンを使用する際には画面高さが重要になってきます。

視聴者の頭に隠れない高さにする

会議などでは画面を複数人で視聴する事が多いため、映像を視聴者が見えやすい高さに位置する必要があります。

一般的な椅子に座った場合、床から視聴者の頭まで120cm前後となります。
よって人の座高より高い位置に映像が来るようにしましょう。

スクリーンサイズを決める

サイズを選ぶ
オススメスクリーンサイズの算出計算式

最大映写可能画面高さ=
A-B

上記の式でオススメのスクリーンサイズが算出できます。

ビジネス向けスクリーンサイズの算出計算式

スクリーン設置する天井高さ-120cm=最大の画面サイズ

■オススメインチサイズ 早見表

設置高(A) インチサイズ
WXGA(16:10)
画面幅(cm) 画面高(cm) 視聴距離
240cm 80インチ 172 107 300~1500cm
250cm 80インチ 172 107 320~1600cm
260cm 90インチ 193 121 340~1600cm
270cm 100インチ 215 134 340~1600cm
280cm 110インチ 236 148 360~1800cm
290cm 120インチ 258 161 360~1800cm
300cm 120インチ 258 161 380~1900cm

注意プロジェクターの設置位置が限られている方はご注意ください。

プロジェクターには投射距離というものがあり距離によって投射できるサイズが決まっています。プロジェクターの設置位置が限られている場合は予め投射距離を確認しておきましょう。

プロジェクターを天吊りにすれば、部屋の中なら投射距離を調整できますし、部屋もスッキリするのでオススメです。プロジェクター汎用天吊り金具はこちら≫