プロジェクタースクリーンの専門店

全品全国送料無料返品・交換30日間無料

シアターハウス本店は、信頼できるショップとしてGoogleに選ばれた認定ショップです。
閉じる

スクリーンのモアレって?その対処方法は?

プロジェクターの映像をスクリーンに投射した際に環境によってモアレという現象が発生する場合があります。

モアレとは?

モアレとは「干渉縞」の事です。規則的に並んだ映像を重ねると縞模様が出る現象のことです。これをモアレ(模様)と呼びます。

モアレが発生する原因は?

プロジェクターの映像をスクリーンに投影した際にもやもやとしたものが発生する現象(モアレ)の原因としては、プロジェクターの最小投影単位である ドット と スクリーン膜面の織り模様 が干渉するために現象が発生します。

スクリーンメーカー各社から発売されているスクリーン生地の種類の中には映像投影面に織り目の見えるスクリーンが世の中に出回っています。今までは問題は無かったのですが、近年のプロジェクターの高解像度化が進み、織り目の見えるスクリーン+高解像度プロジェクターの組み合わせでモアレが発生する場合があります。

モアレを回避する方法は?

モアレが発生した場合、以下の方法にて回避、改善することが可能です。

  • 投影映像の大きさを変える
  • プロジェクター側のフォーカス(ピント)を故意にずらす
  • スクリーン生地を高解像度対応のものに変更する

投影映像の大きさを変えることでスクリーン生地面の織り模様とプロジェクターのドットの干渉をずらすことになり回避することができます。ただし、今までよりも小さく映像を投影することになったり、スクリーンよりはみ出して映像を投影する必要があったりと現状のままというわけにはきません。

プロジェクター側のフォーカス(ピント)を故意にずらすことでスクリーン生地とドットの干渉が改善されます。ただし、映像のフォーカスは甘くなり、ぼやけた映像となってしまいます。

モアレを解決する根本的な対策としては、3番目の高解像度対応のスクリーン生地の交換しかありません。

シアターハウスの高解像度対応スクリーン生地ハイビジョンマット2はフルハイビジョン、4Kに対応しています。


だから選ばれています

最長10年間の無料保証
末永くお使いいただけるようスクリーン、天吊り金具に10年の長期保証を付けてます。
フルハイビジョン対応
シアターハウスのスクリーンは、すべてフルハイビジョンに対応した生地を使用してております。
生地の張り替えサービス
傷や汚れがついても安心!
張替えサービスでスクリーンが新品同様に生まれ変わります。
誰でも卸売価格!
直接販売にする事で流通コストをゼロにしました。どなたでも卸値価格で購入いただけます。
誰でも卸売価格!
特注サイズのご注文なら、お部屋や家具のサイズにぴったりのスクリーンが製作できます。
MADE IN JAPANの品質
1つ1つが職人による手作りのため、一定の品質、そして細かな対応が可能になっています。

お問い合わせフォームスクリーンの事はもちろん、例えばホームシアター構築全般についてのご質問でもお答え致します。どんなことでもお気軽にご相談ください!

より良い製品をお求めやすい価格でご提供いたします。

シアターハウスはプロジェクタースクリーン、映写スクリーンの専門店です。
ホームシアター用スクリーンはもちろん、学校や会社で使う会議用・プレゼン用のスクリーンまで取扱っております。
ユーザーの状況に応じて、1cm単位でのスクリーン幅設定が可能なカスタム品もございます。 カスタム品の価格はネット上から簡単に見積もることが出来るようになっています。
シアターハウス独自のサービスはコチラ。 店長プロフィールはコチラ

お電話でもご注文・ご相談を承っております! お急ぎの方もお電話ください!

TEL:0776-56-0325 プロジェクタースクリーンの専門店です。ホームシアター用、会議用、イベント用など500種類以上の各種プロジェクタースクリーンを取扱っております。特注サイズも可能ですのでお部屋や家具の幅に合わせたスクリーンをご注文いただけます。
スクリーンの事で何かわからない事ございましたらシアターハウスまでお気軽にお問い合わせください。

PAGE TOP