シアターハウス本店は、信頼できるショップとしてGoogleに選ばれた認定ショップです。
閉じる

明るくてもリアスクリーンが使える


明るくてもリアスクリーンが使える

シアターハウスの工場にある窓を使って透過型スクリーン(リアスクリーン)のテストを行いました。テスト内容は

明るい環境で映像は映るのか

テストは無事に終わり、ご覧のように夕方程度の明るさであれば、映像がきれいに映っているのがわかるかと思います。

明るい環境でもキレイに映すコツ

1つ最初に言っておくと、1つだけオススメしない環境があります。それは『直射日光下』での使用です。直射日光がスクリーンに当たっている環境だと映像に明暗差が生まれにくく映像がきれいに映りません。

映像をきれいに映すコツは、下記の項目の条件をよくしていく事に限ります。

映像をきれいに映すコツ

  • できるだけ暗い環境で使う
  • できるだけ明るいプロジェクターを使用(2000ルーメン以上)
  • スクリーンサイズが小さい

これは、あくまで明るい環境で映す場合で、暗い環境であれば『スクリーンサイズ』はあまり考えなくてもいいです。バー程度の明るさであればコチラのように100インチ近い大きさで使われているところもございます。

この記事に関連する商品はこちらからご注文いただけます


スクリーン検索

画像比率 ≫画面比率について
サイズ ≫サイズ比較一覧表
生地 ≫生地について

タイプ
マスク ≫マスクとは?
PAGE TOP