シアターハウス本店は、信頼できるショップとしてGoogleに選ばれた認定ショップです。
閉じる

雑誌で4Kプロジェクターとシアターハウススクリーンのレビューが掲載されました

2012年8月号のAVレビューでシアターハウス製スクリーンとフルハイビジョンよりも高繊細な4Kプロジェクターとのレビューが紹介されました。

スクリーンは電動ケース付き

今回4Kプロジェクターとの検証につかわれたのは100インチ電動ケース付きのWCB2214GMです。生地にはシアターマットHDを採用しているモデルで表面に織り目がないため4Kにも対応しモアレが一切発生しません。

プロジェクターは4K対応モデル

VPL-VW1000ES
レビューに使われているプロジェクターはJVCのDLA-X70RSONYのVPL-VW1000ESです。2012年時点ホームシアター向けではハイエンドモデルです。両機種は4K出力の方式は違えど4Kに対応しているモデルです。主流のプロジェクターはフルフルハイビジョン(1920×1080)対応モデルが主流ですが、4Kプロジェクターはフルハイビジョン映像に比べ約2倍の4096×2016の解像度となっています。

4Kモデルにも対応しています

記事
記事

記事内ではプロジェクター本来の映像質感や解像感など忠実に再現できていて「どちらで見ても細部の描き込みを的確に受け止める包容力のあるスクリーン」とレビューされています。

この記事に関連する商品はこちらからご注文いただけます


PAGE TOP