プロジェクタースクリーンの専門店

全品全国送料無料返品・交換30日間無料

シアターハウス本店は、信頼できるショップとしてGoogleに選ばれた認定ショップです。
閉じる

スクリーンの返送方法

スクリーン生地の張替えを依頼したい、モーターが壊れてしまったという事でシアターハウスにスクリーンを送りたいが 梱包方法がわからないどうやって送ればいいの?いったいどうすればいいんだ・・という方もいるでしょう。スクリーン梱包方法は下記の手順でおこなってください。

発送の前に準備するもの

発送に必要なものは下記のものとなります。

  • サランラップ(家庭用のものでもOK)
  • ガムテープ
  • ビニールテープ
  • ダンボール
  • 緩衝材(プチプチなど)

サランラップは運送中にスクリーンが緩まないようにするため必要です。ダンボールはお近くのスーパーやホームセンターなどでもらってきましょう。

サランラップ
サランラップ

ビニールテープ
テープ

梱包用ダンボール
ダンボール
プチプチ
プチプチ

スクリーンを取り外す

天井や壁に取り付けてあるスクリーンを取り外します。

掛け軸スクリーンの場合

掛け軸スクリーン取り外す

スクリーン上部スライドハンガーから取り外し、下バーにスクリーン生地を巻きつけて収納します。

電動、チェーンスクリーンの場合

電動、チェーンタイプはスクリーン生地を一番上まで巻き上げ、ブラケット(取付金具)の出ている突起部分を押したら外せるようになっています。

輸送中に破損がないように固定する

スクリーンを取り外せたところで運送中に中で緩まないようサランラップでしっかりと固定しましょう。

掛け軸スクリーンの場合

掛け軸スクリーン

掛け軸スクリーンはサランラップでくるむ必要はありません。左右のゴムでしっかり固定されているか確認しましょう。

チェーンスクリーンの場合

チェーン部がばらけないようにするため写真のように輪ゴムやワイヤー入りビニールヒモなどでまとめます。
チェーンをビニールテープ等でスクリーン本体に確実にとめてください。この手順を抜くと生地にキズがつく、スクリーンに穴があくなどの事故が発生する可能性があります。

電動スクリーン(ケース付き、無し)の場合

リモコン受光部を外す

リモコン受光部にをケーブルから取り外します。
ケーブルを固定する
コードがばらけないようにするため受光部コード、電源コードを輪ゴムやワイヤー入りビニールヒモなどでまとめます。
受光部コード、電源コードをビニールテープでスクリーン本体に確実にとめてください。この手順を抜くと生地にキズがつく、スクリーンに穴があくなどの事故が発生する可能性があります。

サランラップでしっかり固定する

サランラップで巻いて固定

サランラップを製品全体に巻きましょう。写真のようにグルグル巻いて下さい

スクリーンを箱に入れる

購入時の箱があればそれを使い梱包してください。すでに捨ててしまい箱がないという場合、スクリーンに合わせて箱を作る必要があります。
スーパーやホームセンターなどでもらったダンボールを組み合わせて箱をつくります。

掛け軸スクリーンの場合

掛け軸スクリーン用梱包

ダンボールを40cmの幅に切り出してください。そして折り曲げやすいようにきりめを入れてください。切り目は8cm毎に入れていきます。

チェーン、電動ケースなしスクリーンの場合

チェーン、電動ケースなし梱包

ダンボールを44cmの幅に切り出してください。そして折り曲げやすいようにきりめを入れてください。切り目は右から8cm,10cm,8cm10cm,8cmという風に入れます。

電動ケースつきスクリーンの場合

電動ケース付き梱包

ダンボールを60cmの幅に切り出してください。そして折り曲げやすいようにきりめを入れてください。切り目は12cm毎に入れていきます。

プチプチを入れる

切り目を入れた通りに箱を折ってみるとあら不思議! スクリーンが入りそうな箱ができます。 小さなダンボールの場合は一つこのようなものを 作ってもスクリーンは入りきらないから三つ、四つと つなぎあわせスクリーンがはいるような長さにしましょう。

ダンボールにスクリーンを入れスキマができたら、プチプチなどでスキマを埋めてください。

スクリーンを発送する

発送の手配をおこないます。
ヤマト便は、縦・横・高さの合計が160cmを超える品物(スクリーンのような長尺物)はトラックに入らず輸送が不可能な場合が多いのでスクリーンの発送は佐川急便または日本通運にてお願いします。

佐川急便で商品を発送する場合

佐川急便では縦・横・高さの合計が600cm(一番長い辺で500cmまで)の商品が発送可能となっています。
商品発送を依頼される場合、こちらから↓お近くの佐川急便さんを検索し、集荷専用番号に電話をかけると集荷に来てくれます。

近くの佐川急便を検索する

日本通運で商品を発送する場合

日本通運にて商品発送を依頼される場合、こちらから↓お近くの日本通運さんを検索し、集荷専用番号に電話をかけると集荷に来てくれます。

近くの日本通運営業所を検索する

発送前の注意!

スクリーンは長尺物ですので集荷トラックに集荷依頼前に『長尺物』とお伝えください。
商品が戻ってきても、連絡がなければ何の商品かわからない事がありますので、発送前にスクリーンをこういう理由で返送するということをメールなどでご連絡いただけましたら幸いです。

スクリーンのお送り先はこちら

スクリーンの送り先はこちらへおねがいします。

株式会社シアターハウス
〒910-0124 福井県福井市天池町32-6
TEL 0776-56-0325


だから選ばれています

最長10年間の無料保証
末永くお使いいただけるようスクリーン、天吊り金具に10年の長期保証を付けてます。
フルハイビジョン対応
シアターハウスのスクリーンは、すべてフルハイビジョンに対応した生地を使用してております。
生地の張り替えサービス
傷や汚れがついても安心!
張替えサービスでスクリーンが新品同様に生まれ変わります。
誰でも卸売価格!
直接販売にする事で流通コストをゼロにしました。どなたでも卸値価格で購入いただけます。
誰でも卸売価格!
特注サイズのご注文なら、お部屋や家具のサイズにぴったりのスクリーンが製作できます。
MADE IN JAPANの品質
1つ1つが職人による手作りのため、一定の品質、そして細かな対応が可能になっています。

お問い合わせフォームスクリーンの事はもちろん、例えばホームシアター構築全般についてのご質問でもお答え致します。どんなことでもお気軽にご相談ください!

より良い製品をお求めやすい価格でご提供いたします。

シアターハウスはプロジェクタースクリーン、映写スクリーンの専門店です。
ホームシアター用スクリーンはもちろん、学校や会社で使う会議用・プレゼン用のスクリーンまで取扱っております。
ユーザーの状況に応じて、1cm単位でのスクリーン幅設定が可能なカスタム品もございます。 カスタム品の価格はネット上から簡単に見積もることが出来るようになっています。
シアターハウス独自のサービスはコチラ。 店長プロフィールはコチラ

お電話でもご注文・ご相談を承っております! お急ぎの方もお電話ください!

TEL:0776-56-0325 プロジェクタースクリーンの専門店です。ホームシアター用、会議用、イベント用など500種類以上の各種プロジェクタースクリーンを取扱っております。特注サイズも可能ですのでお部屋や家具の幅に合わせたスクリーンをご注文いただけます。
スクリーンの事で何かわからない事ございましたらシアターハウスまでお気軽にお問い合わせください。

12月の営業日

12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

01月の営業日

123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

赤の日付はお休みとなります。「受注確認」「お問合せの回答」「商品発送」は翌営業日以降となります。

  • スクリーンの選び方
  • プロジェクター用天吊金具
  • フルハイビジョン対応スクリーン
  • 各種メディアに掲載されました
  • シアターハウス店長 吉村明高の大画面ブログ「シーハウ情報ナビ」
  • 返金保証
  • ビジュアルグランプリ10期連続受賞
  • 最長10年間の長期無料保証
  • シアターハウス楽天店
  • Blueocean
PAGE TOP