プロジェクタースクリーンの専門店

全品全国送料無料返品・交換30日間無料

シアターハウス本店は、信頼できるショップとしてGoogleに選ばれた認定ショップです。
閉じる

エイム電子 ハイエンドHDMIケーブルSLD,FLEシリーズ

HDMIケーブル

エイム電子製高品質HDMIケーブルの特徴

機器間の接続にはHDMIケーブルが一般的になりました。 特に長尺ケーブル(10m以上)の接続において低品位のHDMIケーブルを使うと、相性問題により、映像にノイズが入ったり最悪映らないなどの場合があります。

エイム電子製のHDMIケーブルは信頼製が高く、長尺での接続でも安定した信号伝達を実現します。 万が一相性問題が発生した場合、商品返品も対応します。

ケーブル部門で金賞受賞したメーカー

高級HDMIの代名詞とも言える『ワイヤーワールド』を抑えてエイム電子という日本のメーカーが金賞を受賞しました。プロにも認められ日本で最高の技術をもっているメーカーであります。(ページ下からご注文いただけます)

HDMIケーブル 商品一覧

HDMIケーブルについて

業界初 開封後であっても返品OK

10mを超えるような長尺HDMIケーブルには相性問題が発生し映像が映らない事があります。これは相性問題という事なので通常返品できません。しかし当店では、販売するケーブルに自信を持っています。購入後、映像が映らないという場合には、開封後であっても返品を受け付けております。

業界初!1年間のHDMI相性問題保証 開封後でも返品可

10mを超えるような長尺HDMIケーブルには相性問題が発生し映像が映らない事があります。これは相性問題という事なので通常返品できません。しかし当店では、こちらのケーブルには自信を持っており、もし商品購入後、映像が映らないという場合には、開封後であっても返品を受け付けております。

HDMIケーブルの仕様について

FLEシリーズ(1m~8m)HDMIケーブルの仕様は下記の通りです。ご確認ください。

  • HDMI規格 Ver1.4
  • 4K解像度※ , Ethernet , 3D, ARC, Deep Color 12bit、Dolby TrueHD、dts-HD MAに対応
  • 対応解像度 480p, 720p, 1080i, 1080p, 4K2K
  • Deep color対応 12bit
  • 小型コネクタを使っているから狭い所の配線が楽

エイム電子のポリシーである高い信頼性と安定性、高画質を敬称しながら最新の音声規格「DolbyTrueHD」「DTS-HDマスターオーディオ」にも対応。

※4K解像度は0.7m~5mまで対応となります。

SLDシリーズ(10m~30m)HDMIケーブルの仕様は下記の通りです。ご確認ください。

  • HDMI規格 Ver1.4
  • 3D対応、ARC対応、Dolby True HD、dts HD-MA等の音声フォーマット対応、Ethernet対応
  • 対応解像度 480p, 720p, 1080i, 1080p
  • Deep color対応 12bit
  • HighSpeed対応
  • 小型コネクタを使っているから狭い所の配線が楽

エイム電子のポリシーである高い信頼性と安定性、高画質を敬称しながら最新の音声規格「DolbyTrueHD」「DTS-HDマスターオーディオ」にも対応。

HDMI素材について

  • コネクタコンタクト部 24金メッキコーティングにより経年減衰と接触抵抗を軽減
  • ケーブル導体 高純度99.99%OFC(無酸素銅)
  • シールド 高密度編組3重シールド(TMDS各4ぺアにアルミと銅編組を使用)
  • 絶縁体 FM-PE+SKIN(高性能発泡ポリエチレン+ポリエチレン2層構造)
  • 構造 ストレート構造(TMDS×4を含むDDC以外)により内部導体を最短尺化

HDMIケーブルのQ&A

長いHDMIケーブルを作れるメーカーは高画質?

長いケーブルを作れるメーカーは、映像信号の劣化を防ぐ独自の技術を持っています。というのは劣化すると映像が映らないなどの不具合が発生するためです。

劣化が少ない=高画質なのか?

劣化が少ないと、多くの情報をプロジェクター(テレビ)に伝える事ができます。つまり劣化が少なく高画質。

長いケーブルを作れると高画質

当店で扱っているエイム電子は最長30mのケーブルがあり、記録結果では二つをつないで60mでも動作を確認できています。(60mという長さであれば動作しないものもございます。)

HDMIケーブル品質が悪いと映像が映らない?

ケーブル品質

HDMIケーブルは、品質のいいものからわるいものものまで様々です。

品質の悪いHDMIケーブルでも、短いものであれば悪影響は少ない。しかし長いケーブルになればなるほど品質の影響を強く受けます。

設置環境にもよりますが、ホームシアターは10m前後の長めのケーブルを使う事が多いです。つまり品質の悪いものを使うと映像が映らない可能性があります。

HDMIケーブルで映像が映らなくなる仕組み

デジタル信号でも劣化する

HDMIケーブルはデジタル信号ですので、一切の劣化がないと思われがちです。つまりデジタル信号は『0』と『1』の組合せだから減衰のしようがないと思われているのが理由でしょう。

実際はデジタル信号の読込みエラーが発生

HDMIケーブルはデジタル信号でデータの伝送が行われます。デジタル信号は『0』と『1』の単純な組合せですが、ケーブルが長いほど信号が減衰し『0』と『1』でも読込みができないものが出てきます。つまりこれが信号の減衰です。

読込みできない信号がある一定を超えると映らない

HDMIの規格では、1秒間に10億bitという途方も無い大きな信号を伝送しています。もちろん10億bitすべてを伝送できるわけではありません。エラーで読込みできないものもあります。

エラーで読込みができないものが出てきても、大きな影響はありません。物理的に減衰は必ず起こるものですので10億bitすべてを伝える事はできないです。しかし信号の読込みエラーがある一定を超えるとプツンと映像が映らなくなってしまいます。それがデジタル信号の特徴です。

エイム電子の伝送能力について

伝送能力の高さ

HDMIの信号を出力する時に、出力側の機器で「1080P出力」「Deep Color出力」の設定をできるものがありますが、映像は映っても果たして入力側(プロジェクター)で、そのままの信号が伝送されているでしょうか。

プロジェクターでHDMIの入力信号を確認

一般に販売されている10m以上のHDMIケーブルの多くは、映像は映っても、信号が減衰して8bitまでしか伝送できなかったり、1080iまでしか信号が入力できない場合が多いですが、このフラットHDMIケーブルは、長くても信号の減衰がほとんどないので、そのままの信号で入力が可能です。今回このフラットHDMIケーブルの10mで接続したところ以下のように信号が入力されたのを確認できました。

HDMIページ

入力信号は「1125p・12bit」となっており、信号が減衰なく伝送できています。これはエプソンのプロジェクターで計測しましたが、これはこのプロジェクターだけの機能で、なかなかほかのテレビやプロジェクターで確かめる事ができる機能はございません。

プレイステーション3との接続にもオススメ

ゲームなどは特に、映像、音などの情報量が多いため注意が必要だそうで、10m以上のHDMIケーブルでつないだ場合にやはり1080pの伝送ができなかったり、音声が5.1chなのに、2chでしか伝送できないといったケースが多くなるそうです。

プレステ3との接続

エイム電子に聞いたところ、このHDMIケーブルであればそのような問題は、まず起こらないという事でプレイステーション3で実際にテストをしているとの事でした。

HDMIケーブルへの疑問と回答

お客様からよく問い合わせがあるものを以下のようにまとめさせていただきました。以下ご参考にご覧ください。

デジタルケーブルなのに、映像に差はでるのか

結論から言わせていただくと、デジタルケーブルでも映像に差はでます。

HDMI映像差

映像の差のほかにも伝送できるデーター量に違いがあり、多くの長尺ケーブルでは、1080iの出力はできるけど1080p出力にしたら映像が映らない12bitの伝送ができないなどといった事があります。

HDMI規格では1秒間に10億bit(合計10億回の0と1の信号)を伝送していますが、その内でも僅かな信号でも0と1の認識出来ない場合、色信号や音信号の軽微な変化として現れます。これが映像の違いにつながるのです。言い換えれば10億bit全データが正確に伝送できていれば映像差は出ませんが、物理上そのようなケーブルは存在しません。

理論上は長さと減衰(伝送エラー)は正比例しますので、長尺ケーブルになるほどエラーが起こりやすい状態になり、ホームシアターのような長いHDMIケーブルが必要になる場合、品質の低いケーブルだと映像が映らない可能性が高くなります。

なぜHDMIケーブルに相性問題があるのか

HDMIの規格の伝送速度は、長尺ケーブルが物理的に信号を伝送できる限界にあるため、僅かな信号の変化や、レベルによって認識、伝送できない現象が起こります。

機器によっての違い

各メーカーの機器は各々の設計上、信号伝送のタイミング、出力レベル、受信回路設計に若干の違いがあるため、同じHDMIケーブルを使っても映像が映るといった組み合わせや、映像が映らないといった組み合わせがでてきてしまいます。

一切の減衰がなく、信号を伝送できるのであれば、こういった相性問題は起きないわけですが、信号が一切減衰しないケーブルというのは物理上作ることができません。しかしケーブルメーカーによって信号の減衰具合は大きく違いがあります。

今回のエイム電子のHDMIケーブルは、信号の減衰を最小限に抑えるよう開発されたため現在のところどのような組み合わせでも相性問題が発生しておりません。もちろん開発段階で多くの組み合わせでテストされてますがそのテストでも相性問題はありませんでした。このHDMIケーブルについては相性問題は発生しないと考えていただければ結構だと思います。

HDMIケーブルの使用による注意点

  • 本製品と各機器の接続は、方向性の説明図をご覧のうえ行ってください。
  • 濡れた手で本製品の接続や取り外しを行わないでください。
  • 本製品を抜き差しする時には必ずコネクタ部分を持ち、無理な力を加えないでください。ケーブル部分を引っ張ったり、無理なチカラを加えると破損や故障の原因となります。
  • 本製品を家具で踏んだり、扉で挟んだりしないでください。
  • 高温、多湿な場所では使用しないでください。
  • 本製品のケーブル部分を束ねたままでは使用しないでください。
  • 本製品を分解したり、加工したりしないでください。
  • ケーブル部の皮膜が傷ついたり、コネクタ部がぐらつくなどの異常がある場合には使用を中止し新しいケーブルを使用してください。

HDMIケーブルのコネクタ部分の寸法について

SLDシリーズ

AVC-LD サイズ

AVC-FLシリーズ

AVC-FL サイズ

だから選ばれています

最長10年間の無料保証
末永くお使いいただけるようスクリーン、天吊り金具に10年の長期保証を付けてます。
フルハイビジョン対応
シアターハウスのスクリーンは、すべてフルハイビジョンに対応した生地を使用してております。
生地の張り替えサービス
傷や汚れがついても安心!
張替えサービスでスクリーンが新品同様に生まれ変わります。
誰でも卸売価格!
直接販売にする事で流通コストをゼロにしました。どなたでも卸値価格で購入いただけます。
誰でも卸売価格!
特注サイズのご注文なら、お部屋や家具のサイズにぴったりのスクリーンが製作できます。
MADE IN JAPANの品質
1つ1つが職人による手作りのため、一定の品質、そして細かな対応が可能になっています。

お問い合わせフォームスクリーンの事はもちろん、例えばホームシアター構築全般についてのご質問でもお答え致します。どんなことでもお気軽にご相談ください!

より良い製品をお求めやすい価格でご提供いたします。

シアターハウスはプロジェクタースクリーン、映写スクリーンの専門店です。
ホームシアター用スクリーンはもちろん、学校や会社で使う会議用・プレゼン用のスクリーンまで取扱っております。
ユーザーの状況に応じて、1cm単位でのスクリーン幅設定が可能なカスタム品もございます。 カスタム品の価格はネット上から簡単に見積もることが出来るようになっています。
シアターハウス独自のサービスはコチラ。 店長プロフィールはコチラ

お電話でもご注文・ご相談を承っております! お急ぎの方もお電話ください!

TEL:0776-56-0325 プロジェクタースクリーンの専門店です。ホームシアター用、会議用、イベント用など500種類以上の各種プロジェクタースクリーンを取扱っております。特注サイズも可能ですのでお部屋や家具の幅に合わせたスクリーンをご注文いただけます。
スクリーンの事で何かわからない事ございましたらシアターハウスまでお気軽にお問い合わせください。

  • スクリーンの選び方
  • プロジェクター用天吊金具
  • フルハイビジョン対応スクリーン
  • 各種メディアに掲載されました
  • シアターハウス店長 吉村明高の大画面ブログ「シーハウ情報ナビ」
  • 返金保証
  • ビジュアルグランプリ10期連続受賞
  • 最長10年間の長期無料保証

05月の営業日

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

06月の営業日

1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930

赤の日付はお休みとなります。「受注確認」「お問合せの回答」「商品発送」は翌営業日以降となります。

  • シアターハウス楽天店
  • Blueocean
PAGE TOP