プロジェクタースクリーンの専門店

全品全国送料無料返品・交換30日間無料

シアターハウス本店は、信頼できるショップとしてGoogleに選ばれた認定ショップです。
閉じる

電動スクリーンを巻き上げるたびに少しずつ上に上がりますが故障でしょうか?

Q.

電動ケースなしスクリーンを使用しています。
事情があって上からスクリーンを20cm降ろしたところを基点としてダウン⇔アップをしています。
最近気がついたのですが上げ下げを繰り返す度に少しずつ上に巻きあがっていくようです。これは不良でしょうか。

A.

これは電子回路のソフト的な仕様です。従って製品の不良ではありません。

スクリーンの上げ降ろしに関して製品の電気的仕様としては以下のようになっています。今回はかなり技術的な説明となります。
スクリーンを例えば20秒間降ろしたら、今度は上げる時に同じ20秒間巻き上げる。 そしていったん停止する。停止したらその後さらに0.125秒間だけ余分に巻き上げる。
なぜこのような動作仕様にしているかというと「意地悪操作」対策です。
電動スクリーンはその性質上、下限停止位置で毎回全く同じ位置で停止する必要があります。じゃないと映像の上下位置がずれる事になってしまいますので。
これは製品開発当時にテストしたのですがスクリーンをいっぱいに降ろす時、あるいは上げる時にその途中で20回ほど故意に停止させるとどうなるかという事です。結果としてモーター内部のスリップにより5mmほど巻上げが足りなくなる場合があるというデータが出ました。そこで毎回巻き上がる度に5mmに相当する分だけ余分に巻き上げるような電気的仕様としたのです。
通常使用ではメカ的物理的にこれ以上巻き上がらない位置までスクリーンがあがる為、何の問題も発生しません。つまり0.125秒を余分に巻き上げてもウエイトバー(下バー)が上のフレームに接触するまでしか巻き上がらないという事です。上のスタート位置が毎回全く同じなので下限停止位置も毎回全く同じになります。測定したデータでは下限停止位置のばらつきは
1mm以内となっております。
さて今回の対策ですが木材か何かでストッパーを作り、ウエイトバーがある位置からそれ以上 上に行かないように細工すれば上下での停止位置が全く同じになるように出来ると思います。

だから選ばれています

最長10年間の無料保証
末永くお使いいただけるようスクリーン、天吊り金具に10年の長期保証を付けてます。
フルハイビジョン対応
シアターハウスのスクリーンは、すべてフルハイビジョンに対応した生地を使用してております。
生地の張り替えサービス
傷や汚れがついても安心!
張替えサービスでスクリーンが新品同様に生まれ変わります。
誰でも卸売価格!
直接販売にする事で流通コストをゼロにしました。どなたでも卸値価格で購入いただけます。
誰でも卸売価格!
特注サイズのご注文なら、お部屋や家具のサイズにぴったりのスクリーンが製作できます。
MADE IN JAPANの品質
1つ1つが職人による手作りのため、一定の品質、そして細かな対応が可能になっています。

お問い合わせフォームスクリーンの事はもちろん、例えばホームシアター構築全般についてのご質問でもお答え致します。どんなことでもお気軽にご相談ください!

より良い製品をお求めやすい価格でご提供いたします。

シアターハウスはプロジェクタースクリーン、映写スクリーンの専門店です。
ホームシアター用スクリーンはもちろん、学校や会社で使う会議用・プレゼン用のスクリーンまで取扱っております。
ユーザーの状況に応じて、1cm単位でのスクリーン幅設定が可能なカスタム品もございます。 カスタム品の価格はネット上から簡単に見積もることが出来るようになっています。
シアターハウス独自のサービスはコチラ。 店長プロフィールはコチラ

お電話でもご注文・ご相談を承っております! お急ぎの方もお電話ください!

TEL:0776-56-0325 プロジェクタースクリーンの専門店です。ホームシアター用、会議用、イベント用など500種類以上の各種プロジェクタースクリーンを取扱っております。特注サイズも可能ですのでお部屋や家具の幅に合わせたスクリーンをご注文いただけます。
スクリーンの事で何かわからない事ございましたらシアターハウスまでお気軽にお問い合わせください。

PAGE TOP