プロジェクタースクリーンの専門店

全品全国送料無料返品・交換30日間無料

シアターハウス本店は、信頼できるショップとしてGoogleに選ばれた認定ショップです。
閉じる
  • HOME
  • >
  • フルハイビジョンスクリーン

フルハイビジョンスクリーン

フルハイビジョンスクリーン

プロジェクターの能力を最大限に引き出すため、長年の研究を経て作られたスクリーンです。 フルハイビジョンのプロジェクターはもちろん「4Kプロジェクター」にも対応し、高解像度のプロジェクターでありがちなモアレが発生しません。

フルハイビジョンより高繊細な4K映像にも対応

シアターハウスが独自に研究、開発した『ハイビジョンマット』はフルハイビジョンより4倍もの高解像な映像4K2K映像に対応しており、 プロジェクター本来の高繊細な映像を楽しむことができます。
ホームシアター用途はもちろん、企業、店舗などのプレゼン用途でもお使いいただけます。
4K映像に対応済み ホームシアター専門誌(AV REVIEW)紙面にて4K対応プロジェクターを使用しシアターハウスのスクリーン生地との相性を評価いただきました。
4Kプロジェクターとスクリーン画質をチェック

生地表面に凹凸がないため高繊細な映像を忠実に再現

シアターハウス開発した4K、フルハイビジョン対応スクリーン生地「ハイビジョンマット」の生地表面には、織目がございません。
以前のスクリーン生地と比べると表面処理の違いがわかるでしょう。

左が以前の生地、右が現在の生地
スクリーン生地表面

生地を拡大してみると、織目の出方がよくわかります。左の生地が従来の生地で
右側が新しく開発された新しいスクリーン生地です。この織目がモアレの原因となるのです。

平面性の向上

生地の織り方を変え剛性を強くし、フィルム素材を軽量のものにする事で、生地にかかる負担が少なくなりました。以前は1m×1mあたり433gあったのですが、新しいスクリーン生地333gで約20%軽くなっております

これにより平面性はもちろん、生地の耐久性がよくなりました。

メリハリのある映像を映し出す

今までのものは、表面が平らに近かったのですが、新しいフィルムは表面に微細なシボが無数にあります。この微細なシボが映像に変化を与え従来のものと比べて映像のコントラスト感が高くなり、メリハリのある映像を再現してくれるでしょう。

左が従来の生地、右が現在の新しい生地となっていますが、拡大写真だと表面の感じがわかりやすいと思います。左がほぼ平面なのに対して、右は微細なシボが多くある事がわかります。

なめらかでしっとりとした映像

コントラストの他にも生地の表面処理が変わったことでテカリが抑えられ、ギラギラ感のない、しっとりとしたなめらかな映像を再現してくれます。下の写真は、左が以前の生地、右が新しいフルハイビジョンの生地です。参考までにご覧ください。

クリックすると拡大します
スクリーン生地の表面

写真をクリックしてみていただけると、暗部の諧調のなめらかさ、しっとりとした感じがでているのがわかりやすいです。クリックして拡大してご覧ください。これは画質とは関係ありませんが新スクリーン生地HDは非塩ビであり、燃やしてもダイオキシンなどの有害物質は発生しません。地球に優しいスクリーンと言えます。

フルハイビジョンならではの不具合

フルハイビジョンになると映像が高精細になり、髪の毛の一本一本まで見えてくる。
しかしいい事ばかりでもありません。

フルハイビジョンは高精細で美しい

フルハイビジョンのプロジェクターの映像は高精細。世界遺産の映像は思わず息を飲んでしまうくらい壮大で美しい。

高精細だから干渉する

しかし、この高精細な映像がスクリーンの織り目と干渉し『モアレ』が発生する事があります。モアレが発生するとせっかくの映像美も台なしです。

フルハイビジョンスクリーンならモアレを解消

フルハイビジョンならモアレの問題を完全に解消します。
なぜかというと、スクリーン表面に織目のないフラット加工がしてあるからです。
(2007年に発売以降、モアレの発生はございません)

モアレとは

モアレとは、プロジェクターから映される映像(ドットピッチ)とスクリーン織目模様が干渉しあい
それにより等高線のような縞模様が見える現象です。

モアレ

波紋のような模様

モアレは干渉縞とも呼ばます。フルハイビジョンの高精細な映像と、スクリーン表面の織目が干渉し、波紋のような模様が見える減少です。

左の写真のように空が一面に広がったり、単調な絵の時に見えやすいです。

テレビ出ている人の服装が細かいシマシマだった時に
たまにへんな模様が見える事がありますよね。それもモアレの一種です。

特にプロジェクターを買った際についてくる、おまけのスクリーンは
スクリーン生地の織目が荒くモアレの発生確率が高くなります。

モアレを発生させない方法

実は、モアレが出てしまった場合でも、わざとプロジェクターのピントをずらす事によってモアレを回避する事ができます。モアレの発生により仕方なくこの方法で使っている方は多いでしょう。

プロジェクターのピントをずらす

輪郭が甘くなる

しかしこの方法を使うと映像がぼやけ、せっかくの高精細な映像も台なしです。
ピントが甘くなり輪郭がはっきりせず優しい感じの映像になるでしょう。

ハイビジョンマットならモアレは発生しません

シアターハウス製品に採用している「ハイビジョンマット」は生地表面の凹凸がないためモアレが一切発生しません。

だから選ばれています

最長10年間の無料保証
末永くお使いいただけるようスクリーン、天吊り金具に10年の長期保証を付けてます。
フルハイビジョン対応
シアターハウスのスクリーンは、すべてフルハイビジョンに対応した生地を使用してております。
生地の張り替えサービス
傷や汚れがついても安心!
張替えサービスでスクリーンが新品同様に生まれ変わります。
誰でも卸売価格!
直接販売にする事で流通コストをゼロにしました。どなたでも卸値価格で購入いただけます。
誰でも卸売価格!
特注サイズのご注文なら、お部屋や家具のサイズにぴったりのスクリーンが製作できます。
MADE IN JAPANの品質
1つ1つが職人による手作りのため、一定の品質、そして細かな対応が可能になっています。

お問い合わせフォームスクリーンの事はもちろん、例えばホームシアター構築全般についてのご質問でもお答え致します。どんなことでもお気軽にご相談ください!

より良い製品をお求めやすい価格でご提供いたします。

シアターハウスはプロジェクタースクリーン、映写スクリーンの専門店です。
ホームシアター用スクリーンはもちろん、学校や会社で使う会議用・プレゼン用のスクリーンまで取扱っております。
ユーザーの状況に応じて、1cm単位でのスクリーン幅設定が可能なカスタム品もございます。 カスタム品の価格はネット上から簡単に見積もることが出来るようになっています。
シアターハウス独自のサービスはコチラ。 店長プロフィールはコチラ

お電話でもご注文・ご相談を承っております! お急ぎの方もお電話ください!

TEL 0776-56-0325 プロジェクタースクリーンの専門店です。ホームシアター用、会議用、イベント用など500種類以上の各種プロジェクタースクリーンを取扱っております。特注サイズも可能ですのでお部屋や家具の幅に合わせたスクリーンをご注文いただけます。
スクリーンの事で何かわからない事ございましたらシアターハウスまでお気軽にお問い合わせください。

  • スクリーンの選び方
  • プロジェクター用天吊金具
  • フルハイビジョン対応スクリーン
  • 各種メディアに掲載されました
  • シアターハウス店長 吉村明高の大画面ブログ「シーハウ情報ナビ」
  • 返金保証
  • ビジュアルグランプリ10期連続受賞
  • 最長10年間の長期無料保証

05月の営業日

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

06月の営業日

1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930

赤の日付はお休みとなります。「受注確認」「お問合せの回答」「商品発送」は翌営業日以降となります。

  • シアターハウス楽天店
  • Blueocean
PAGE TOP